スポンサーリンク

ハリウッドセレブ連続窃盗事件|犯人の判決や犯行は?現在の生活や画像も紹介!

みなさんこんにちは。

2022年9月6日の「ありえへん世界」で取り上げられる「ハリウッド連続窃盗事件」て、どんな事件なのか確認しました。

また、犯人の判決や現在の状況もまとめて紹介します!

  1. ハリウッドセレブ連続窃盗事件のネタバレ
  2. 犯人の判決と現在は?

これらを確認します。

※番組と同一内容かは分かりません。

スポンサーリンク

ハリウッドセレブ連続窃盗事件のネタバレ

時期:2017年8月〜2018年11月
地域:ロサンゼルス
被害額:5千万円以上

【主な手口】

  • SNSでセレブの留守を確認
  • ギャングに通じる青少年が自宅侵入
  • 金品を奪う

2017年8月から1年以上にわたり、ロスアンゼルスで、セレブを中心とした金持ちの家に留守にしている間にお金や高級な品物の窃盗事件が多発。

あるセレブの家からは、2億円分のジュエリーや現金800万円が盗まれていました。また、セレブの中には3度同様の被害を受けた人もいました。

それでは、細かくどんな事件だったのか見て行きたいと思います。まず、被害者から見てみましょう。

被害者

被害者はわかっているセレブだけでも数十人となります。

他に不動産業を営む人やアジア人の金持ちの老人などが狙われて被害に遭いました。

【主なセレブの被害者】

  • プイグ(ドジャース)
  • リアーナ(歌手)
  • フォーゲルマン(フィルムプロデューサー)
  • ウッズ(ラムズ)
  • ヤング(ラッパー)
  • キーフ(音楽プロデューサー)
  • ミリアン(歌手)
  • ヤング(NBA)
  • モリセット(歌手)
    他数十人

ターゲットとして主に狙われていたのはスポーツ選手でした。彼らは選手が試合のある日を狙って家に入っていたことがわかっています。

プイグは3度家に侵入され、その犯行日は全て試合があった日でした。また、ワールドシリーズという屋ベースボール選手で最も大切な日にセット被害に遭っています。

家にはセキュリティーがあり、すぐに警察に連絡がいきました。しかしセキュリティがあっても、警察が来るまでに盗みが終わってしまうため、なかなか逮捕できなかったようです。

犯人の主犯格は?

【主犯格】

  • タイレスウィリアムズ(19)
  • ダニエルズ(19)
  • ホール(18)
  • ホールの母(34)

犯人たちにはいずれも長い犯罪歴があり、ギャングにつながっていました。数人はビバリーヒルズの邸宅の周りをうろうろしていたところ、職質され逮捕されています。

主犯格のタイレスウィリアムズ(19)が捕まり、その補助役のダニエルズ(19)とホール(18)が捕まりました。その際、ホールの母親のA.J.ホール(34)も逮捕されています。

他にも、9人が指名手配されており、下記の人々が逮捕されました。その後、2021年には全部で31人が逮捕されています。

犯人たちはトラックで、盗んだ品物を運んでいたようです。

主犯格が19歳と若いですが、10代だからといって減刑されることは滅多にないので、青少年と言ってもあまり判決に影響はないようです。

既に犯罪歴がある人物は刑務所生活も長くなることは想像できますね。

スポンサーリンク

被害額・被害品物

  • 大量のロレックス
  • 2億円以上のジュエリー
  • 金庫ごと窃盗

金持ちっていうのは家に現金は置かないものだと思い込んでいたのですが、この事件を見ると、1千万近くの現金を家に置いている人が多いようです。

現金を盗まれるだけではなく、他に犯人たちが好んで盗んだものは腕時計です。ある犯人の家からは山のように積まれたロレックスが発見されています。

その他、歌手のA.モリセットは2億円以上の価値のジュエリーを盗まれました。また、ジュエリーはたいていの有名人が数千万円分盗まれていたようです。

他には、家に金庫がある人が多かったのですが、金庫ごと盗んで行ったため、被害は莫大だったということです。

プイグはなぜ3回も被害にあった?

これは、犯人の話によると、「バカだから」と言われています。

プイグは自分の予定をSNSにきちんと上げていたため、家に誰もいない時がすぐにわかったので誰もいない時にいつでも入ることができたということです。

SNSの情報で自宅が留守である事を公表してしまうというのは本当に危険ですね!

SNSの写真やコメントには最新の注意が必要です!

犯人の判決と現在!

犯人の判決と現在は?

  • 33件の容疑が掛けられている
  • 保釈金も全員が数億円以上
  • 主犯格は9年4ヶ月実刑
  • 情状酌量の含んだ判決

犯人たちは、33件の容疑をかけられているため、長期拘束になることは間違いないでしょう。また、裁判までの保釈金も全員が数億円以上に設定されたため、誰も保釈されることはありませんでした。

2022年現在、逮捕されたばかりの容疑者もいるため、情報が漏れないように全員が外に出られないようにされています。

逮捕された31人のうち、23人が2021年10月までに司法取引をして判決を受けており、主犯格のウィリアムズ(22歳/ 2021年10月時)は9年4ヶ月刑務所に入ることが決定しました。

彼は幼少期から養子先を40回変えられる家庭環境、学校の成績は良かったこと、素晴らしい詩を何度か書いた事のある実績などを考慮され情状酌量の余地があると判断されています。

他の司法取引した人の判決も同じような感じだということです。

こういう司法取引の場合、元の刑期より30%〜40%減刑されているので、司法取引でなかったらずっと長い刑期14、15年は刑務所に入っていたものと想定されます。

スポンサーリンク

関連記事

ありえへん世界の話題のニュースはコチラから↓

【アンジードッジ殺人事件】クリストファータップの現在と真相を紹介!
みなさんこんにちは。12月28日放送の【ありえへん∞世界】で、全米最悪の冤罪事件と呼ばれた「アンジー・ドッジ殺人事件」が取り上げられます。「全米最悪」と呼ばれるまでの事件、どんな話で何があったのか気になりませんか?...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミステリー
Kokorone Blog

コメント