スポンサーリンク

【名古屋市中村区】伊波照夫の画像やひき逃げ現場はどこ?

みなさんこんにちは。

2022年9月2日に名古屋市中村区で発生したひき逃げ事件の容疑者(伊波照夫)が逮捕されました。

9月2日に61歳の女性をひき逃げした疑いで逃走していた可能性がり、逮捕されました。

伊波照夫とはどんな人物なのか画像や、ひき逃げ現場の場所について紹介します。

  • 名古屋市中村区のひき逃げ事件概要
  • 伊波照夫のひき逃げ現場は?
  • 伊波照夫のプロフィールと画像は?

今回はこれらについて紹介します↑

スポンサーリンク

名古屋市中村区のひき逃げ事件概要

名古屋市中村区で2日午後、自転車の女性を車ではね、ケガをさせたにもかかわらずそのまま逃走したとして、73歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、名古屋市港区の自称自営業・伊波照夫容疑者(73)です。

警察によりますと、伊波容疑者は2日午後3時過ぎ、名古屋市中村区黄金通3丁目の信号交差点で、横断歩道を自転車で渡っていた女性(61)を軽乗用車ではね、そのまま逃げた疑いが持たれています。

女性は病院に搬送され手当てを受けていますが、右足の骨を折る重傷です。

目撃者の証言などから伊波容疑者が浮上し、3日未明、逮捕となりました。

調べに対し伊波容疑者は「事故を起こしたことは間違いないが、ケガをさせたことはその時点では分からなかった」と容疑を一部否認しているということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/87d9e0d874193290efb2e19786e127c843405111

まずは、被害に遭われた女性の方のお見舞い申し上げます。

現段階では犯行が確定していない事から、容疑者となっていますね。接触があった事は認めているが、相手に怪我あった課は分からなかったそうです。

しかし、事故を起こした=接触があったことは理解しており、一旦停止して確認しなかったのはドライバーとしてやってはいけない事だと思います。

この結果、ひき逃げとして処理される可能性は十分あると考察します!

事故現場はどこ?

事故現場:名古屋市中村区黄金通3丁目の信号交差点

かなり大きい道路で十字路となっていますね。

近くには大きな公園などがあり、子供もいる住宅がも付近にある事から、事故には注意が必要です。特に大通りは車のスピードが速いので小さい接触でも大きな事故に繋がります。

歩行者も注意しましょう!

スポンサーリンク

伊波照夫のプロフィールと画像は?

名前:伊波照夫
年齢:71歳
職業:自営業(自称)

今回の事件を起こした伊波照夫さんは自称自営業の71歳男性です。

具体的にどのような仕事をしているのかまでは公表されていませんでした!

伊波照夫の画像については確認する事が出来ませんでした。Facebookやインスタグラムなどもからも確認できませんでした!

71歳なのでSNSをやっていない可能性もある為、現時点で画像を確認するのは難しいと思います!

容疑が確定すればテレビで放送されると思いますので情報を待ちたいと思います。

伊波照夫の逃走理由は?

現時点で明確な状況説明は公開されていません。

事故を起こした事は認めるという点から接触はあったことは理解してると思います。

よく逃走した人の理由として下記のようなものが考えられます!

  1. 怖くなって逃げた
  2. 接触に気が付かなかった
  3. 何かゴミが車体に当たった

このような感じの言い訳を目にします。しかし、今回は接触は理解してる事から1、3のどちらかではないでしょうか!

スポンサーリンク

関連記事

事件事故に関る情報はコチラから↓

【名古屋市守山区】久保田聖治の顔画像は?|衝突事故の場所や原因は?
みなさんこんにちは。2022年9月1日の夕方に愛知県の名古屋市で車の衝突事故が発生しました。事故は乗用車が出合い頭に衝突し、巻き込まれた女性が亡くなりました。現行犯で逮捕されたのは自称無職の久保田聖治さん(57)です。...
高井凜はどのように留置所で自殺を図ったのか?【高槻市資産家殺害】
こんにちは。2022年9月1日に【高槻市資産家殺害】の容疑で逮捕され留置されていた高井凜が、留置場で自殺を図り救急搬送されたと速報が入りました。留置場では自殺するのはかなり難しいと思いますが、高井凜はどのように自殺を図った...
【岐阜県多治見市】加藤太一(小学校教諭)の画像や小学校の勤務先は?
みなさんこんにちは。2022年9月1日に岐阜県多治見市で交通事故があり、85歳の若尾幹次さんが死去されました。亡くなられた若尾幹次にはご冥福をお祈りいたします。今回交通事故を引き起こしてしまったのは小学経論...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
Kokorone Blog

コメント