スポンサーリンク

【未来への10カウント】焼き鳥屋のロケ地は立川市の『あら』!

みなさんこんにちは。

2022年4月14日からドラマ「未来への10カウント」が放送されます。そこに出てくる焼き鳥屋のロケ地が「あら」というお店だとわかりました。そこでこのお店の評判やメニューを調べてみました。

  1. 焼き鳥屋の目撃情報は?
  2. ロケ地「あら」の場所は?
  3. メニューを紹介
  4. 口コミは?

これらを確認します。

スポンサーリンク

焼き鳥屋の目撃情報は?

ツイートしている人が、立川に住んでいる人で、立川の焼き鳥屋さんだと断定しているので、立川の焼き鳥屋さんなのは確定しました。

3月11日にも立川駅南口でロケをしていたところを見た人が何人もいました。

さらに、立川のラーメン屋さん「鏡花」でロケしていたところを見た人もいました。

焼き鳥屋さんの撮影場所は、立川の炭火焼き鳥「あら」なのがわかったので、このお店のことを見ていきます。

ロケ地「あら」の場所は?

  • 住所:東京都立川市柴崎町2ー11ー1
  • 電話:042-595-7836
  • 営業時間:【月曜日定休日】
  • 火曜日〜土曜日:16時30分〜22時00分
  • 日曜日:15時00分〜22時00分

立川駅南口から近いみたいです。立川駅南口でロケもしていたということなので、行ってみたいですね。

ラーメン屋の鏡花さんもすぐ近くですね。写真を見ると道を挟んですぐみたいです。

このあたりでロケをしているのがわかります。

スポンサーリンク

メニューを紹介

ひとつひとつ「はつ」とか「むね」とか一品でももちろん注文できますが、ここではおすすめメニューを紹介します。

  • おまかせ5本 1240円
  • おまかせ7本 1640円
  • 一人1コース食べることを推奨
  • 2021年12月のお値段です

これはいいですね。鶏肉は大好きなので、レバーとかねぎまとか入ってたらいいなあ。

それからこちらは宴会コースです。

あら厳選コースなんてすごいです!飲み放題で肴4品入ってサラダもついていて、最後におにぎりや蕎麦も食べられるって・・・私の友人はこれですね。

それから焼き鳥にはお酒ですね。そちらのメニューもどうぞ。

  • 生ビール: キリンラガー 小450円 中550円
  • 白ビール: 白濁ビール(ベルギー)650円
  • サワー (9種):580円(5種)と500円(4種)
  • ハイボール:角530円、白洲700円
  • 焼酎 (3種):530円〜550円
  • リキュール:580円
  • オリジナル:かぼすジンジャー割り 600円
  • ソフトドリンク(8種):350円〜550円

ベルギーのビールが飲んでみたいです。

口コミは?

食べログでは、楽しい店はお酒がすすむ、美味しい焼き鳥が食べられて居心地がいい、とか、食べログの点数が3点台だったからか、食べログの点数はあてにならない、と言っている人や、いっぱいで一人だと入れない、などの意見が多かったです。

口コミしている人だけの点数だと、4点台以上なんですよね。なんでしょうね、低い点を入れる人はライバル店の人とかでしょうか?

サラリーマンはもちろん、女性客が多いお店のようです。女性には行きやすそうですね。デートにオススメと言っている人もいました。

ただ、一人で入れないので3人で宴会を予約してやっと入れたという人もいたので、早めに行った方がいいかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

【未来への10カウント】ロケ地情報はコチラ↓

【未来への10カウント】ボクシングのロケ地は三迫ジムとセット撮影!
【未来への10カウント】が放送開始されました。木村拓哉さんのドラマとして注目されます。注目なのはボクシングジムですね。いったいどこでロケをしていたのか確認してみました!松葉台高校のボクシングジムのロケ地は?親友甲斐のボク...
【未来への10カウント】高校のロケ地は光英VERITAS高等学校!
みなさんこんにちは。2022年4月14日からドラマ「未来への10カウント」が放映されます。そこで、この舞台となる高校のロケ地について調べてみました。学校のロケ地は?光英VERITAS高校の場所は?光英VERITA...

まとめ

  • 未来への10カウントのロケ地は立川の炭火焼鳥のお店「あら」
  • 手ごろな値段のセットメニューやサワー類の種類が豊富
  • 口コミしている人の評価は高い

前にも美味しいという点数の高い口コミがほとんどのお店があったのですが、お店の平均点が低かったんですよね。それは点数をつけないでいる人がいたから低くなっていたのです。点数をつけてなかった人も絶賛していたのですが・・・

こういうのって問題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメドラマ
Kokorone Blog

コメント