スポンサーリンク

【極限ミステリー】男性の女性化理由はクラインフェルター症候群!?

エンタメ

みなさんこんにちは。

2021年10月26日に【極限ミステリー】が放送されます。

今回番組内では外国人男性がある事が切っ掛けで女性化したらしいのです。この不思議な現象はなぜ起こったのか確認してみました。

※下記番組放送前なので予想です。

スポンサーリンク

【極限ミステリー】男性が女性化した原因は?

【極限ミステリー】で紹介された男性が女性化する原因は女王バチに刺されたからだと予想します。

番組内の候補
  • 女王バチに刺された
  • 感電した
  • 犬にかまれた
  • 妻が使った口紅を塗った

今回番組内では上記4つの選択になっていました。どれも可能性ありそうでしたが、検索した所、蜂に刺されたことにより女性化したケースは過去あったようです。

これは、アナフィラキシーショックによりクラインフェルター症候群が発生したと言われています。

いったいどういうことなのか確認してみました!

スポンサーリンク

クラインフェルター症候群とは?

クラインフェルター症候群は染色体異常により、男性の染色体(XY)にもう1つXが追加されXXYとなる現象!

※女性の染色体:XY

原因&症状
  • アナフィラキシーショックの発生
  • 染色体の異常の発生
  • 染色体がXXYに変化

今回、番組内の話ではアナフィラキシーショックが原因でクラインフェルター症候群が発生したと考えられます。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは何らかの原因で全身にアレルギー反応がでる症状です。

一般的に具体例として蜂に2回刺された場合に発生する事が挙げられます。

【極限ミステリー】の場合、選択肢に蜂が入っていた為、恐らくアナフィラキシーショックの発生で染色体異常が発生した事が想定されます。

染色体異常とは?

アナフィラキシーショックによって染色体に異常が生じてクラインフェルター症候群に繋がったのだと予想出来ます。

男性と女性では染色体が異なります。男性はXY、女性はXXという染色体をもっています。

しかし、クラインフェルター症候群と呼ばれる染色体異常によって男性の染色体がXXYになってしまう事があるのです。

こうなると女性としてホルモンも多く生成するようになるようです。

染色体XXYとは

XXの染色体も含まれるため、女性化するケースがあるらしいです。

具体的な症状としては、女性のような胸のふくらみが増える(女性化乳房)、髪の毛が良く伸びるなどあるようですね。また、染色体XXYを持つ男性は高身長、やせ型、長い手足の人が多いようです。

男性ホルモンが低下すると言われており、骨粗しょう症や筋力低下など、他にもおおくの弊害がでてくるようです!

果たして、染色体異常の治療法はあるのか確認してみました。

スポンサーリンク

染色体異常:女性化は治るのか?

現時点で染色体異常の治療法は確立されていないようです。

クラインフェルター症候群を根本的に治す治療方法はありませんが、男性ホルモンの低下が引き起こした症状を緩和するために、男性ホルモン補充療法が行われます。

補充は2~4週間に1度の頻度で、筋肉へと注射します。投与により、ホルモン欠乏によるだるさが解消したり、筋肉量の維持がしやすくなったり、健全な生活が可能となります。

また、男性ホルモンを適切な時期から投与することで、外性器の成長を補助することも期待できます。

引用:https://medicalnote.jp/

生まれてからずっと、染色体異常で悩む方は多いと思います。

また、今回の場合XYの染色体だったのに、知らない間にXXとなってしまいました。いきなり『あなた女性になりつつあります』と言われても受け入れる事が出来ないでしょう。

このような状況になった場合、精神的にも辛いように感じます。

こういった悩みが解決されるように、医療の進歩を願うばかりですね!

スポンサーリンク

ワールド極限ミステリー関連記事

【ワールド極限ミステリー】では他にもタイタニック関係や9.11の英雄の感動秘話、アクシデントによって人生が変わった人の物語が紹介されています。

【ワールド極限ミステリー】放送内容のまとめ!
みなさんこんにちは。いつも【極限ミステリー】を見て、人生が激変した方や歴史上の感動秘話など、その人の生き様が分かる番組でとても楽しいです。このブログでは【極限ミステリー】を題材にした記事のを纏めているのでご覧ください!...

宜しければ合わせてお読みください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ極限ミステリー
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました