スポンサーリンク

世界一受けたい授業の卵型イルミネーションアートの場所や画像を紹介!

エンタメ

みなさんこんにちは。

2021年9月17日に【世界一受けたい授業】で銀色の卵型イルミネーションアートが紹介されました。

前田敦子さんがロケするようですがどんな作品か確認してみました。

この卵型アートはチームラボの作品です。

触ると色が変化するつ不思議なアートのようです。今回はこのアートが見れる場所や口コミ、画像、コンセプトなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

世界一受けたい授業の卵型アートがある場所はどこ?

世界一受けたい授業で紹介された銀色の卵型イルミネーションが見れる場所は2カ所あります。

  • teamLab Planets TOKYO
  • 武蔵野樹林パーク

teamLab Planets TOKYO、武蔵野樹林パークは埼玉県所沢市は東京都の豊洲にある為、それぞれの場所を紹介します!

teamLab Planets TOKYOの場所は?

  • 住所:東京都江東区豊洲6-1-16
  • 営業時間:
    2021年9月スケジュール
    平日:9:00~20:00
    休日:10:00~20:00

料金
大人3,200円
大学生・専門学生2,500円
中学生・高校生2,000円
小人300円
シニア2,400円
障がい者割引1,600円

今回、世界一受けたい授業で紹介された、銀色の卵型イルミネーションアートは東京都の豊洲にあるteamLab Planetsに展示してあります。

昼間は銀色のまま、苔庭が堪能でき、夜になるとライトアップされるそうです。

天候によっては中止となる為、注意が必要です。

武蔵野樹林パーク

  • 埼玉県所沢市東所沢和田3丁目9−番地 東所沢公園
  • 営業時間:16:00~20:00
    ※7月21以降当面の間上記時間となっている

平日休日
大人1000円1200円
中高生700円800円
小学生500円600円
未就学児無料無料

埼玉県東所沢にある武蔵野樹林パークににも準備されています。こちらは世界一受けたい授業で紹介されたものとは、少し違う銀色卵型イルミネーションアートを楽しめます。

こちらも凄く素敵な雰囲気のようですね。teamLab Planets TOKYOとはまた違った雰囲気を楽しめると思います!

スポンサーリンク

Planets TOKYO:呼応する小宇宙の苔庭

Planets TOKYOでは『呼吸する小宇宙の苔庭』というテーマで演出しています。

生物は、細胞内部における水が欠かせないため、体の水分が足りなくなると死んでしまう。

これに対し、コケ植物は、周囲の湿度の変化により細胞内の含水率が変動する変水性という特殊な性質から脱水耐性を持ち、乾燥状態で長期間死なず、水が与えられれば生命活動を再開する。

コケは、変水性であるため、空気が乾燥している時と、雨や靄があるなど濡れている時で、色も姿形も大きく変化する。

苔の間に生活しているクマムシも、周囲が乾燥すると、無代謝の休眠状態である乾眠状態になり、活動を停止するが、水が与えられると復活し活動を開始する。

生命活動はないが死んだわけでもないクマムシのこの状態は,「生」でも「死」でもない第三の生命状態としてクリプトビオシス(隠された生命活動の意)と呼ばれる。

生命とは一体何なのかと考えさせられる。

引用:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/ew/resonating_microcosms_mossgarden_planets/

この銀色の卵型のアートは『生命とは?』について考える壮大なコンセプトがあるようです。

説明を読むと、『なるほどな!』と妙に納得してしまいました。

銀色の卵型イルミネーションアートは61色に変化して私達を楽しませてくれるようです!

スポンサーリンク

武蔵野樹林パーク:どんぐりの森

武蔵野樹林パークではどんぐりの森で『自立しつつも呼応する生命 -液化された光の色』というテーマで展示されている。

子の公園の展示にも、銀色の卵型イルミネーションアートが採用されています。どんなコンセプトなのか一部紹介しようと思います。

※卵型体:ovoid

人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、音色を響かせ、その音色特有の光を輝かせ、自ら立ち上がる。

その周辺のovoidも次々に呼応し、同じ音色を響かせ、同じ光を輝かせ、連続していく。

(中略)

木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅している。

(中略)

その木の光は、周辺の木々に次々と伝播し、音色を響かせながら、連続していく。木々の奥から光が押し寄せてくれば、向こうの方に人がいることを意味する。

人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。

引用:https://kadcul.com/park

生命は同じ空間に存在して、共鳴しながら生きている事を感じ取りました。これを光や音で表現するって素晴らしい作品だと感じています。

芸術って人によって感じ方が違うため、正解はありません。

なので、是非自分の目で感じてみるといいかもしれませんね!

スポンサーリンク

銀色の卵型アートの口コミ

ここでは、Planets TOKYOや武蔵野樹林パークでの口コミを紹介します。多くの方がどのような印象を持ったのか気になりますね!

チームラボの新しい展示よかった。苔が好きな人は行ってみてほしい。

引用:https://twitter.com/arawashi_favo/status/1434862720751308803

もののけ姫のような世界観だな〜って

引用:https://twitter.com/rto_photo/status/1438106578306039808

ジャーーーーーーーーン!!!!!!!!! ってことで、東所沢公園のチームラボ行ってきました。

めちゃくちゃ綺麗だった。この光るやつを振ると色が変わるの!

感染対策でビニール手袋付けます!

引用:https://twitter.com/NANACHAAANDESU/status/1437356423659151369

ところざわサクラタウンの隣にあるチームラボどんぐりの森 とても神秘的でキレイでした…

引用:https://twitter.com/gotthy035/status/1438123846540820486

神秘的だというコメントは多いですね。また、『呼吸する小宇宙の苔庭』ではイルミネーション以外にも、苔の世界観が良いというコメントもありました。

場所によって感じ方が違うので、異なる空間を楽しめそうでいいですね。

世界一受けたい授業の卵型イルミネーションの動画

上記2つがPlanets TOKYOの演出です。素敵ですね。

苔の上に広がる銀色の卵型アートとそれが点灯した時の印象が全然違いますね。

それぞれが同じ空間にいるけど個別に違う輝きを放っていて、凄く脳裏に残る印象です。

こちらは森の中にあります。なんか日本の秋を新しく表現している感じがしました。

森にあるとなんとなく恐竜の卵みたいですね。不思議な空間です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメトレンド芸術
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました