スポンサーリンク

ラドゥカヌの両親やテニス姿の画像を紹介!【全米オープン優勝】

みなさんこんにちは。

2021年9月12日にテニス界で衝撃的な出来事が起きました。

それは18歳のラドゥカヌ選手が全米オープンで優勝したのです。いきなり出てきた新鋭にテニス界もざわざわしています。

今回はこの天才ラドゥカヌを育てた両親やテニスの画像などを含めて彼女のプロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

ラドゥカヌのプロフィール

プロフィール

名前:エマ・ラドゥカヌ

年齢18歳

出身地:2002年11月13日

国籍:イギリス

ラドゥカヌ選手はイギリス出身のテニスプレイヤーです。

5歳のときに、ラドゥカヌはブロムリーテニスアカデミーでテニスを始めました。

テニスだけではなく、バレエ、水泳、乗馬、ゴルフ、スキー、さらにはモトクロスなどあらゆるスポーツに精通していたようです。

ラドゥカヌは最終的にテニスを選択しましたが、子供の頃からあらゆるジャンルで活躍していました。

ラドゥカヌは過去のインタビューでルーマニアのブカレスト中心部に住んでいた事を話しており、かなりのおばあちゃん子だったそうです。

食べる事が大好きでおばあちゃんの料理がすきとインタビューで話していました。

出来る事ならおばあちゃんが大好きなので近くで生活したいと思っているのではないでしょうか。

しかし、全米オープンで優勝してしまうと、恐らく拠点をどこにするのか気になりますね。

2021年8月に開催された東京オリンピックのテニス女子で優勝したベンチッチ選手と全米オープンで戦い見事勝利、その後も大阪なおみを倒したフェルナンデス選手にで対戦。

見事勝利して初優勝しました。

ラドゥカヌはランキング100位でスタートしましたが、そこから一気に急上昇し、全米オープンで勝利した事が注目されています。

100位未満の選手が準決勝に進んだことは過去内容で、史上初の歴史を作ったと言われています。

スポンサーリンク

ラドゥカヌの両親について

ラドゥカヌの両親は父がルーマニア、母は中国の国籍を持っています。

ラドゥカヌが2歳の時にイギリスに移住した事から、ラドゥカヌの国籍はイギリスとなっている訳です。

父はもともと金融マンとして働き、イギリスでは会社の幹部として活躍しました。

幼少期にラドゥカヌへテニスを始めさせました。しかも、テニスだけにならないように勉強にも手を抜かなかったようです。

その結果、ラドゥカヌは勉学でもランクA大学に進めるほどの知性と、全米オープン優勝できるほどのテニスの実力を兼ね備えました。

ラドゥカヌの優勝は母の教育によるもの

ラドゥカヌはとてもひたむきに練習する選手です。コーチの意見をしっかり聞き、自分で考え正しい方向に修正する事が上手だと感じました。

試合でも、そのスキルは存分に生かされており、ミスからの細かい修正などは上手だと思います。

これは、昔から相手をリスペクト市、規律正しく生活する事を身に付けてきたことが大きいのだと思います。

ラドゥカヌは以前取材でこんなコメントを残していました。

『自分の規律の正しさや誰かをリスペクトする考え方は母親からの教育によるもの』だとコメントしていました。

きっと、両親の素晴らしい教育があったからこそ、18歳にして全米オープン優勝という偉大な記録を作れたのだと思います。

両親の計り知れないサポートにラドゥカヌは感謝していることでしょう!

スポンサーリンク

ラドゥカヌのテニスと私服画像

私服姿も凄く可愛いですね。試合着じゃないと普通の18歳。

これからどんな女性になっていくのか、テニスプレイヤーとしても、1人の女性としても楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ未分類
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました