スポンサーリンク

マスクドシンガーの炎上理由は観客がマスクなしでコロナ対策が酷いこと!

エンタメ

みなさんこんにちは。

最近ニュースのCMでも話題になっているAmazon Primeの『ザ・マスクド・シンガー』という番組が炎上しているようです。

観客がマスク無しや、距離が近いなど色々問題になっているようです。

スポンサーリンク

ザ・マスクド・シンガーの番組紹介

マスクドシンガーは著名人、有名人がマスクをしながらライブをしてそ、その人が誰かを当てる番組です。

韓国で人気が出ると、アメリカでも流行り、2021年9月に日本版も放送されました。

確かに、有名な歌を芸能人が仮面を付けて歌うというのは面白い企画だと思います。

しかし、楽しいはずの番組がコロナ対策不十分という指摘で炎上対象になっているようです。

この理由を詳しく説明していこう都思います。

ザ・マスクド・シンガーの炎上理由

マスクドシンガーには司会の大泉洋さんやPerfumeなど有名アーティストも多数出演しています。

まずAmazon Prime Video側は以下のようなコメントを発表しました。

Amazonスタジオは、タレント・制作スタッフ、そしてAmazonの従業員の安全確保を最優先事項としています。

ザ・マスクド・シンガーの撮影中も、制作チーム全体の安全性を確保しながら撮影が行われました。

例えば、出演者・制作スタッフ・観客を含む番組制作に関わる全ての人々に、定期的なPCR検査を撮影全期間において義務としていました。

引用:https://news.yahoo.co.jp

マスクドシンガーで問題視されている事

今回問題となっているのは歌が始まると観客はマスク無し席の間隔が密声を出して盛り上がる

炎上理由はスタッフや出演者の対応というよりは観客の対応に問題があったと考えられます。

たとえワクチン接種しているとはいえ、医療ひっ迫している状況でこの演出は炎上すると思います。

スポンサーリンク

マスクドシンガーと波物語2021との違いは?

先日、波物語2021が愛知県で開催され、PCR検査を受けたとされる観客が密になって騒いでいる映像が確認されて大問題となりました。

マスクドシンガーの撮影は小規模な人数ですが、人との距離が近い事や声を出して盛り上がっている点は同じです。

波物語2021はアルコール提供があった為、この部分に関して一概に同じ扱いには出来ないと考えます。

コロナの感染対策の根本を忘れている問題

根本的な考え方として、アルコール提供を自粛する理由は大声で会話するのを防ぐ為というのが大きな目的の1つです。

多くの方が経験あるかもしれませんが、アルコールを摂取すると『自然と声が大きくなる』、『テンションが上がりはしゃぐ』などあります。

これらが感染に大きな影響を与えるから自粛を呼び掛けられていると考えられます。

その点に関しては、マスク無しで盛り上がるマスクドシンガーの観客対応は根本的にコロナの対策が不十分と考えられます。

マスクドシンガーの番組はどうなる?

基本的に番組は継続すると思いますが、観客にマスク着用と声を出して盛り上がらない、客席の距離をあけるというのは今後反映されてくるのではないでしょうか。

これが無ければ、恐らく引き続き炎上対象にされてしまうと思います。

仮に、PCR検査で問題無い事を理由にした場合、下記が正当化されてしまいます。

『マスクしなくていい』

『大声で声援していい』

『座席の間隔をあけなくていい』

居酒屋や各エンターテイメント施設でもこれ許容せざるを得ない事になりますよね。

多くの施設や飲食業が苦しい立場になっている状況の中で特別扱いされるべきではないと思います。

番組は凄く面白いので、しっかりとコロナ対策をアーティストや芸能人、スタッフ含めて再度議論して、安全に継続してくれることを願いたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメトレンド未分類芸能音楽
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました