スポンサーリンク

中西麻耶はなぜセミヌードに挑戦したのか!かわいい画像を紹介!

スポーツ

みなさんこんにちは。

2021年に中西麻耶さんが東京パラリンピックで陸上走り幅跳びに出場します。

中西麻耶さんは事故で右足をなくしてパラアスリートとして4大会連続のパラリンピックに出場します。

そんな、彼女は2012年に義足のセミヌードカレンダーを出して『かわいい』、『綺麗』と話題となりましたが、その理由に厳しい背景があった事をしりました。。

今回は中西麻耶さんのかわいい画像と、なぜセミヌードカレンダーに挑戦したのか理由を確認してみました。

[ad]

中西麻耶のセミヌード挑戦理由

出典:

中西麻耶さんがセミヌードに挑戦した理由はお金の為です。

パラスポーツ選手として活動する中西麻耶さんは、スポーツを続ける中で障害を持つ人がいかに費用が必要で苦しい状況にあるかを語っていました。

中西麻耶の義足と海外遠征費

中西麻耶さんは若い頃足を切断する事になり、手術をしました。その後陸上を始めてパラリンピック選手となりました。

まず、彼女の障害について知らない方はコチラにまとめているので、良ければお読みください!

中西麻耶の事故とは?障害の原因と陸上(走り幅跳び)挑戦理由や生い立ちを紹介!
みなさんこんにちは。2021年8月に東京パラリンピックで中西麻耶さんが陸上競技の走り幅跳びに挑戦します。中西麻耶さんは事故で足を失いました。障害の原因や、そんな状況から陸上競技(走り幅跳び)に挑戦した理由や生い立ちについて...

パラスポーツ用の義足を作るには100万円以上かかると言われています。

また、大会に出場するには海外遠征費も必要です。

海外遠征費って飛行機代、宿泊施設、その他にも食事やスポーツ関連の費用など多く掛かるようです。

オリンピック選手ならスポンサーが全面サポートする場合も多いですが、パラ選手は恵まれた環境が無いので自分で稼ぐ事が求められます。

中西麻耶の借金

中西麻耶さんは海外遠征に行く為に借金をして挑戦してきたそうです。セミヌードカレンダーも自費出版でさらに費用が掛かりました。

しかし、そうしてでもお金は必要でした。

選手として世界と叩ける力があるのにお金が無くて挑戦出来ないって悲しいですよね。そんな状況を覆す為にもセミヌードカレンダーへの挑戦は中西麻耶さんにとって究極の選択だったそうです。

中西麻耶への誹謗中傷

セミヌードカレンダーに挑戦した時には多くの誹謗中傷がありました。スポーツ選手がセミヌードに挑戦するって普通に考えれば何か理由があると感じますよね。

しかし、そう考えない人も多かったようです。苦渋の決断だった事は本人も語っていました。

意見を述べる事は大切ですし、権利である事は間違いないのですが、その人の背景を理解しようとする気持ちは大切だと改めて感じました。

中西麻耶のセミヌードについて

少し画像を見ましたが、とても綺麗でカッコよかったです。

スポーツ選手だから体のラインも美しく、1つの作品として素晴らしいのではないかと思います。

私は中西麻耶さんがスポーツ以外にも取り組む姿勢は素晴らしいと思っています。大きなけがをして障害を持つ人でも色々な事に挑戦できると示してくれました。

もちろん苦渋の決断だったと思いますが、それでも多くのパラ選手や障害のある人に『やればできる』と勇気を与えてくれていると感じています!

スポンサーリンク

中西麻耶の可愛い画像

この写真は美しいですね。上半身はアスリートで下半身はモデルのようなイメージ。今までない雰囲気が素敵です。

あと、表情から自信が感じられて中西麻耶さんならなんでも出来そうな雰囲気が伝わってきました。

まるでパリコレみたいないしょうですね。正直心のどこかで義足というイメージがあるのですが、それを感じさせない写真でカッコいいです。

あえて義足を隠さない表現に社会との順応を感じさせてくれます。

可愛い服も似合ってますね。

写真を見て府議に思ったことが、意図的ではないのだけれど、障害者の人を見るとその部分が気になってしまいます。

でも、中西麻耶さんの写真ってまず全体のフォルムを見てしまうんですよね。

普通だったら義足に目がいきそうですが、私は最後に義足に目が行くことに気が付きました。

これも、中西麻耶さんの表現力の高さなのかもしれません。

スポンサーリンク

中西麻耶のセミヌード挑戦理由とかわいい画像のまとめ

中西麻耶さんは事故で右足をなくしてパラアスリートとして東京パラリンピックに出場しました。

義足は作るには100万以上掛かり、国際大会に出場するにはお金が掛かります。

しかし、スポンサーが付かない分、自分で必要経費を稼ぐ事が必要だそうです。中西麻耶さんセミヌードカレンダーに挑戦した理由は単純にお金の為でした。

障害を持つ方でもスポンサーなど支援が付くような世の中になってほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ芸能
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました