スポンサーリンク

小島剛一(F爺)のwiki経歴!ひろゆきを論破した博識な人物を紹介。

エンタメ

みなさんこんにちは。

2021年8月6日にF爺と呼ばれる方がリアルタイム検索で上位表示されました。

F爺の本名は小島剛一さんという方で、どうやら以前話題となったサッカー選手のフランス人差別発言における、ひろゆき氏の発言を訂正した人物として話題となっています。

いったい小島剛一さんとはどんな方なのか確認してみました。

スポンサーリンク

小島剛一(F爺)のwiki風プロフィールや経歴

小島剛一(F爺)プロフィール

名前:小島剛一
年齢:74歳 or 75歳(2021年8月現在)
生年月日:1946年生まれ
出身地:秋田県
職業:言語学者

小島剛一(F爺)さんはフランス在住の言語学者で、1968年からフランスに在住。1978年にはストラスブール大学で博士号を取得した博識ある人物のようです。

また、トルコ言語も研究されていたようです。1次言語はフランス語であるとご自身のブログで紹介されていました。

小島剛一さんはフランス人に対する日本語教育に携わってるようです。

昔からフランスに住んで言経験から、かなり苦労されてきたようで、差別を受けた事も沢山あったようです。

そかなり苦労されてきたんですね。若くしてフランスに移り、しかも異国で働くなんて私は尊敬します。

そんな小島剛一さんが今回注目されているのは、サッカー選手の日本人人種差別問題です。

どの様な事が話題となっているか簡単に纏めました。

小島剛一(F爺)が論破王ひろゆきの発言を訂正

※前提として小島剛一さんはひろゆきさんの発言を論破したのではなく、間違いを訂正したと説明しています。

小島剛一(F爺)がひろゆきの発言訂正:事の発端

事の発端は、バルセロナに所属しているフランス人選手のデンベレ選手とグリーズマン選手がホテルの日本人従業員に対して差別的な発言をしたことがニュースになった件です。

当時このニュースには2つの見解がありました。

①差別的発言でる。
②差別的発言ではない。

多くのメディアが①の差別的発言を主張する中で、ひろゆき氏は差別的発言ではない事を主張しました。

スポンサーリンク

小島剛一(F爺)とひろゆきの見解

簡単に説明すると、ひろゆき氏は動画に出てきた『putain』という言葉が差別的発言ではなく、強調の意味でも普通に使われるとし、スポーツ選手のの発言を誤訳していると情報を発信した。

しかし、この見解に訂正を入れたのが小島剛一(F爺)さんです。

結論としては小島剛一(F爺)さんとひろゆき氏のフランス語に関する解釈が異なり、恐らく小島剛一(F爺)さんの言い分が正しかったことから『ひろゆきを論破した』と紹介されました。

小島剛一(F爺)がひろゆきに対して指摘した部分

この部分は私の個人的な感想を含みますが、結果として実体験ベースの話と知識を詰め込んだ話の対立だったと感じています。

小島剛一(F爺)さんの取材コメントで下記のようなものがありました。

ひろゆき氏はフランスに住んでいるのかもしれませんが、フランスで働いているわけではなさそうです。

お金さえあれば、フランス語が全くできなくとも、フランスでの生活は可能です。

私は八百屋以外の商店でも、値切ろうとしたわけでもないのに、店員に人種差別的な嫌味を言われた経験がたくさんあります。

一方のひろゆき氏は、パリで「この国が気に入らないんだったら、さっさと自分の国に帰れ」など、外国人差別・人種差別の痛罵を浴びせかけられた経験はお持ちなのでしょうか。

※一部省略

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4e5a52b55df85afdf6aabfc48c405af413d43bcf?page=5

ひろゆき氏はフランスに住んだ経験はあるが、差別された経験が無いという事を指摘しています。

簡単に言うと差別された経験がないのに、その言葉を受け取った人がどう感じるかなんてわからないよね!ということ。

言葉は使い方1つで意味が異なります。同じ言葉でも、誰がどのような立ち位置で発言するかによってその意味が違うものです。

今回の件は明らかに知識だけを詰め込んだ内容で発言した人物と、実際に長年フランスで労働をしてきた博識と経験のある人物の見解の相違でしょう。

この点からも知識だけでの論破には限界がありますね。

物を作った事が無い人が『これってこうやればできるじゃん』と言ってるのと同じですね。

スポンサーリンク

ひろゆきの論破問題

最近事あるごとにひろゆきさんがメディアに出て、世の中の流れてと逆の説を唱える事がおおいですね。

それ自体は色々な考え方があっていいとは思いますが、これがビジネスとして成り立っている事が興味深いですね。

結局、逆のことを言えば誰かが指摘して盛り上がるわけです。

そうすればその人のSNSも盛り上がるわけです。お金になりますよね(笑)

もちろん私はひろゆきさんが話す内容で共感するものも多くありますが、正直論破とは自分の意見を言うだけでは成り立たないとおもうんですよね。

誰かと1対1、または複数で議論して成り立つものであり、一人で問題定義して問題解決していては論破にならないので少し考え方が違う気がしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ芸能
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました