スポンサーリンク

バルセロナのスポンサー違約金はいくら?経営破綻寸前か?【2021年】

スポーツ

みなさんこんにちは。

2021年7月8日にサッカーの名門バルセロナの選手がスポンサーであるコナミからアンバサダー契約解除され緊急事態となっています。

事の発端はバルセロナに所属するグリーズマンとデンベレ2選手の日本人差別発言。

バルセロナのメインスポンサーは楽天であり著しく企業イメージをダウンさせたことが問題となっています。

ゲームで有名なコナミもバルセロナの2選手とスポンサー契約を結んでおり、早々にアンバサダーの契約解除の意向を発表しました。

当然、このような不適切行為により、クラブ側との契約解除となれば膨大な違約金の発生も考えられることからバルセロナそのものが経営破綻する可能性を考えました。

今回は、この違約金がいくらか、バルセロナは経営破綻するのか考えてみた。

スポンサーリンク

バルセロナのスポンサー違約金はいくら?

バルセロナのスポンサー一覧

【メインスポンサー】

NIKE
楽天
Beko

【グローバルパートナー】

1XBET
Estrella Damm
コナミ
CUPRA
OPPO(中国)
Stanley Black&Decker
Gatorade
Chiliz
FBS
Thom Browne

少なくともアジア関係のスポンサーは3社ほどあるようです。

メインスポンサーとなる楽天はバルセロナと2017年-2018年シーズンから年間64億円のスポンサー料を締結している。

4年で総額256億円以上!

当時世界第2位のスポンサー料をもらうクラブとして注目された。

バルセロナはいくら支払う

コナミ側のバルセロナに対するパートナー契約のスポンサー料などは公表されていない為、分かりません。

バルセロナは世界各国にファンをもつビッグクラブですからパートナー契約としても相当な金額が動いていたと想定されます。

このこの騒動で楽天、コナミ、中国企業のOPPOなどがいもずる式にスポンサー解除や違約金等が発生した場合、その総額はスポンサー料から推定するに300億を超えてくるのではないかと予想しました。

もしかすると、違約の場合これ以上の可能性も否定できない為、いくら取られるのか正確な金額はわかりませんが、日本のスポンサーは相当厳しい制裁に出るものと予想しています。

スポンサーリンク

バルセロナのスポンサー違約金で経営破綻寸前?

超有名なサッカークラブのバルセロナですが、負債が大きい事で有名です。

2021年6月の発表では1340億円の負債があると言われています。この状況下で、SL(スーパーリーグ)参加による制裁金もあり、もはや泥沼化していると思います。

ここにきて300億以上の違約金となればバルセロナの存続も危うくなると思います。

特に今回スポンサーが契約解除した場合、問題が極めてシビアな話しであり世界を代表とするチームの胸元にスポンサー名を入れるのは企業イメージに直結する。

このりゆうから、他の起業も難色を示すかのうせいがある。

バルセロナ:返済目途は?

返済の目途は、とにかく選手の売却がポイントとなって来ると予想されます。

しかし、これも長期的に見たら悪循環で試合に勝てないチームの人気は下がる為、ブランド力の低下につながります。

このような流れも加味するとバルセロナの経営破綻もまんざら冗談では済まない可能性があり、今回のスポンサー契約解除や違約金の発生があるなら緊急事態になると考えられます!

一部の選手の行為によってクラブ全体が巻き込まれるのは本当に悲しい話です。

スポンサーリンク

【バルセロナ】スポンサー違約金料や経営破綻についてのまとめ

今回バルセロナののグリーズマンやデンベレの不適切発言により、日本企業のコナミが選手個人とのパートナー契約を解除した事を発表。

この流れから、スポンサーがバルセロナに対して契約解除する可能性も出てきており、その場合の違約金やバルセロナの経営破綻について興味があった為調べてみた。

【バルセロナのスポンサー違約金はいくら?】

もし、日本企業と中国企業が契約解除及び違約金の発生があった場合、その額は300億を超えると予想しています。

【バルセロナのスポンサー違約金で経営破綻寸前?】

2021年6月時点で1300億以上の負債がある事を報じられており、ここに対してメインスポンサー1社とグローバルスポンサー2社の契約解除となれば、経営破綻の可能性は十分あり得ると予想します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ未分類
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました