吉富愛望アビガイルの年収と仕事の経歴や父親の関係!【しゃべくり】

エンタメ

みなさんこんにちは。

2021年6月21日に【しゃべくり007】で吉富愛望アビガイルさんが出演します。

吉富愛望アビガイルさんはForbes JAPAN詩が選ぶ『世界を変える30歳未満、30人の日本人』に選出された将来が楽しみな女性です。

Forbesが選ぶという事はどんな仕事をしているのか、経歴や年収なども気になります。

また、吉富愛望アビガイルさんの父親は優れた研究者のようで、どのような影響を受けてきたのか気になりました。

そこで、今回は吉富愛望アビガイルさんの年収や仕事の経歴、父親に影響された事について纏めてみました。

スポンサーリンク

【しゃべくり007】吉富愛望アビガイルの仕事の経歴は?

吉富愛希アビガイルのプロフィールと経歴

名前:吉富愛望アビガイル
読み方:よしとみ めぐみ あびがいる
年齢:28歳(2021年6月現在)
出身地:イスラエル
両親:父(日本人)、母(イスラエル人)
大学:早稲田大学大学院/東京大学大学院卒業
専攻:原子物理学・低温物理学専攻

【キャリア】
・ベンチャー企業でプロジェクトマネジメント
・イスラエル国防軍のSAR_ELプログラム参加
・多摩大学大学院のルール形成戦略コース終了

【経歴】
多摩大学細胞農業研究会事務局健康法委員長
CRS細胞農業研究会事務局広報委員長
アナリスト(ロスチャイルド・アンド・コー・ジャパン)

吉富愛望アビガイルさんは物事を突き詰めて考える事が好きな性格で、全ての基礎となる物理学を学んだそうです。

何か面白い事を改めて考えた時に、ブロックチェーン技術に興味を持ったそうです。

ブロックチェーン技術とは記録の残る通信技術の1つで、主に暗号資産(仮想通貨)の取引などに使われています。

吉富愛望アビガイルさんはこのブロックチェーン業界に入ってビットコインを始めとする暗号資産のビジネスを経験しました。

その後、現在外資系のM&Aアドバイザーと細胞農業研究会の運営に従事しています。

外資系M&Aアドバイザーの仕事は経済安保の観点から国際的なアドバンテージを高める為に様々な取り組みを実践しています。

国益に影響する仕事だと思うので、すごい難しい仕事ではないでしょうか。

この一方で、細胞農業研究会の運営をしています。

吉富愛望アビガイルさんは細胞農業研究会で酒とAIを組み合わせたビジネスやタンパク質の研究に従事しています。

吉富愛望アビガイルの仕事の経歴:酒とAI

酒は今まで杜氏(酒造りの責任者)の経験や感覚といった目に見えない部分が商品の品質やクオリティーを決めていました。

そこで、吉富愛望アビガイルさんはAI技術を用いてその見えない経験を客観的に判断できる1つのツールの開発を手掛けているようです。

吉富愛望アビガイルの仕事の経歴:培養肉・植物性タンパク質事業

吉富愛望アビガイルさんが手掛けるこのビジネスは、動物の細胞を培養して肉や植物性タンパク質を生み出そうとする試みです。

一番のポイントはこの技術によって動物を殺さなくて済む事です。

また、食糧問題の課題にも有用な解決策になり得ており、コストや供給量の面からも、今後期待されています。

個人的にはこの技術はいくつか疑問があります。例えば、動物を殺さなければ増える一方なので、生態系がまた変わる可能性もあるし、畜産業界への影響がどうなるのかも気になります。

一概に技術の進歩が幸せなのかは分かりませんが、吉富愛望アビガイルさんは今後未来に繋がる技術を研究されています。

スポンサーリンク

【しゃべくり007】吉富愛望アビガイルの父親との関係は?

吉富愛望アビガイルさんを検索すると『父親』というワードが出てきます。

吉富愛望アビガイルさんの父親は吉富貞幸さんと言います。

2人は親と子供との関係意外に何か関係があるのでしょうか?

調べたところ、吉富愛望アビガイルさんと吉富貞幸さんは少し仲が悪かったのかもしれません。

吉富愛望アビガイルさんは過去『親に相談できる方がうらやましいですね。私は、親に心から感謝はしているが、何でも相談できる感じではない。』と説明していました。

また、吉富愛望アビガイルさん父親は半導体のエンジニア、母親は精密機器のマネージャーなどを務めており、小さい時から英才教育もあったのかと想像してしまいました。

吉富愛望アビガイルさんは長女だったので色々とプレッシャーがあり反抗期や思春期の影響があったのかもしれませんね。

その反動が出たのか、父親に相談もしないで東大を退学した経験もあるようです。

吉富愛望アビガイルは父親に対して感謝はしている事を発言しており、関係が絶縁されている訳では無さそうです。

その他に特別不仲な内容や父親とのビジネスに関する関りなどは確認できませんでした。

吉富愛望アビガイル:父親の経歴

キオクシア株式会社(元東芝メモリ)の技術者です。

元横浜国立大学で博士の研究者で「液相堆積SiO[2]膜を用いたSi MOSデバイスの研究」をしていました。

これは半導体関係のシリコンと呼ばれる技術研究で、国益にとっても大切なビジネスの根幹だったものですね。

【吉富貞幸の主な研究】

・先端半導体素子信頼性のデバイスシミュレーション
・ストライプ形状のインダクタの高周波特性と電圧制御発振器の特性
・高周波領域におけるLC共振器のQ値向上手法の検討

これらの研究を手掛けていて、特許も出しているという事は優秀なエンジニアである事が予想されます。

吉富愛望アビガイルさんが研究として活躍で着ているのは、父親の影響が大きい可能性もありますね。

吉富愛望アビガイル:母親の経歴

吉富愛望アビガイルさんの母親はナバトバ・カハイン・ナタリアさんです。

母親も堀場テクノサービスで分析や計測システムを提供する会社に勤め、役職は戦略本部マネージャーです。

世界的な企業でグループ会社は50社くらいあるようです、

吉富愛望アビガイルさんが研究だけでなくビジネス全般のマネジメントを手掛けるのは父親より母親の影響があるようですね。

【しゃべくり007】吉富愛望アビガイルの年収は?

吉富愛望アビガイルさんの年収について具体的な数字は出ていませんでした。

今回は彼女の経歴から推測していこうと思います。

まず、吉富愛望アビガイルさんは外資系のM&Aアドバイザーをしています。

上場企業のM&A仲介会社の年収はかなり高額です。下記の結果から推察するとアドバイザーという立場も考えると3000万円近く貰っている可能性が考えられます!

【M&A仲介会社の上場企業年収】

M&Aキャピタルパートナーズ:2478万円
GCA:2063万円
ストライク:1539万円

この他にも細胞農業研究会に所属しており、AIを使った日本酒の製造方法の改革や培養肉や植物性タンパク質の開発などを手掛けているようです。

この分野においても最先端な事業ですし、一般エンジニアと同等ではないでしょうか。

【株式会社豊田中央研究所】

客員研究員:500万円~700万円

これらを総合的に考えるとこの2つだけでも年収2500万円~3500万円程度は稼いでいると考えています。

もし仮に、ブロックチェーンで暗号資産の開発や運営に携わっているならコインの価値によっては数億近い資産があっても不思議ではないので吉富愛望アビガイルさんは凄く稼いでいると思います!

吉富愛望アビガイルの年収と仕事の経歴や父親の関係:まとめ

2021年6月21日に【しゃべくり007】で吉富愛望アビガイルさんが出演しました。

吉富愛望アビガイルさんはForbes JAPAN詩選出された女性で現在は外資系のM&Aアドバイザーや細胞農業研究会に所属するなど、様々なビジネスに携わっています。

【プロフィール】
名前:吉富愛望アビガイル
年齢:28歳(2021年6月現在)
出身地:イスラエル
大学:早稲田大学大学院/東京大学大学院卒業
専攻:原子物理学・低温物理学専攻

【キャリア】
・ベンチャー企業でプロジェクトマネジメント
・イスラエル国防軍のSAR_ELプログラム参加
・多摩大学大学院のルール形成戦略コース終了

【経歴】
多摩大学細胞農業研究会事務局健康法委員長
CRS細胞農業研究会事務局広報委員長
アナリスト(ロスチャイルド・アンド・コー・ジャパン)

検索ワードに父親と出てくるので関係性を確認したところ、あまり仲が良いわけでは無さそうですが、感謝はしてるようなので、絶縁状態という事はなさそうです。

吉富愛望アビガイルさんの年収は外資系M&A企業の年収やトヨタ研究所の客員研究員の給与から推測すると合わせて3000万程度だと推測。

ISE
関連コンテンツ
Zucks
エンタメ研究・技術
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました