クリスタル洞窟(スペインのプルピ晶洞)の生き物や自然の歴史は?世界ふしぎ発見




みなさんこんにちは。

いつもありがとうございます。
毎度お馴染みHIHIです。
2020年1月11日に【世界ふしぎ
発見】でクリスタル洞窟(プルピ
晶洞)が紹介されます。

11立方メートルで出来た洞窟から
中に入ると広がるクリスタルの
世界に全世界が魅了されています。
今回日本で初めて取材に成功
されていて注目が集まっています。

クリスタルの洞窟なんてまるで
ファンタジーの世界でワクワク
しますね。

何万年も眠っていたクリスタルの
自然界における歴史やクリスタル
洞窟に住み着く生き物にも興味が
出てきますね。

今回はスペインにあるクリスタル
洞窟(プルピ晶洞)が出来た自然界
の歴史やこの洞窟に住み着く
生き物について確認してみました。

スポンサードリンク

スペインのクリスタル洞窟(プルピ晶洞)の歴史

スペインにあるクリスタル洞窟は
プルピ晶洞と呼ばれている。
スペイン南部に位置するアルメリア
地方のプルピ付近にある銀山の地中
から発見されたクリスタルの洞窟
です。

スペイン・グラナダ大学フアン・
マヌエル・ガルシア・ルイス特任
教授らの研究チームが発見し、
このメカニズム解明を進めている。

プルピ晶洞が出来た起源は未だ謎に
満ちているが、恐らく6万年~200万年
ほど前に結晶化が始まったと研究
チームは予想しているようです。

また、結晶化前に地中海の大部分が
干しあがったと言われており、それが
560万年前との報告も同時に発表して
います!
これがクリスタル洞窟と呼ばれる
プルピ晶洞の始まりなのかもしれま
せん。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=heRTgDXLYo4

このクリスタルは硫酸カルシウム
(CaSO4)を主成分している
二水石膏と呼ばれる鉱物です。

これほど大きなクリスタルが出来た
理由は明確にされていないが温度に
よる影響があると言われている。
温度によって溶解と再結晶を繰り
返すことで作り上げられた可能性
があると言われている。

今生きていく中でテクノロジーは
大きく変化するする一方、この
ような自然の歴史が見つかること
はあまり無いと感じていましたが
この地球にはまだまだ、未知の
発見があり、私たちの心を楽しま
せてくれますね!

今後このクリスタル洞窟がどの
ような研究結果が出てくるのか
非常に楽しみです!

スポンサードリンク

スペインのクリスタル洞窟(プルピ晶洞)の生き物

現在、プルピ晶洞の中にどの
ような生き物がいるかは、私では
確認出来ませんでした。

しかし、このプルピ晶洞はもともと
地中海だった場所が干されて洞窟
となったもので、鍾乳洞に近いような
イメージがあります。

海水が干上がって出来た場所に
クリスタルが出来たということは
海中にいた生物から独自に進化
した生き物がいても不思議はあり
ません。

もしかすると、クリスタル洞窟の
起源や歴史だけでなく、新種の
生物が発見される可能性もあると
考えられるため、私は新種の生物
が見つかる事を期待しています。

まだまだ未知の領域で多くの仮説
がありますが、情報が出てきたら
随時更新していきたいと思います。

クリスタル洞窟の旅行については次ページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする