理想のアブラで健康と美容の食事改善方法について!<あさイチ>




みなさんこんにちは。

いつもありがとうございます。
毎度お馴染みHIHIです。
1月8日に【あさイチ】が放送
されます。

あさイチでは健康と美容に大切な
アブラについて紹介されます。
良質なアブラは健康と美容に対する
最大の味方です。

意識的に摂取できれば、体にいいと
言われているのがオメガ3脂肪酸と
オメガ6脂肪酸。
しかし、今回この脂肪酸も摂取比率
によっては健康を害する原因になる
と言われています。

今回はあさイチで放送されたアブラ
について、メガ3脂肪酸とオメガ6
脂肪酸の役割や機能、食事方法など
色々調べてみました。

※番組で確認できた内容は後日
追記いたします。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸

 

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は
両方体の細胞膜を形成する為に
大切な栄養素と言われています。

細胞膜を形成するということは
当然肌の細胞を新しくすること
にもつながる為、美容にも大切
な栄養素なのです。

しかし、オメガ脂肪酸って何なのか
イマイチよくわからないですよね?
ここではオメガ3脂肪酸とオメガ6
脂肪酸について簡単に纏めてみま
した。

スポンサードリンク

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸の
1つです。必須脂肪酸とは
3大栄養素の1つである【脂質】
に該当するものです。

オメガ3脂肪酸は私たちの体の中
では作り出す事が出来ない為、
食べ物から摂取する必要があり
ます。

体内に入るとEPAやDHAとなり、
健康維持に役立ちます。
DHAは聞いたことあるけど、
EPAが良くわからない方もいると
思いますがどちらも役割は近しい
部分があります。

DHAとEPAはどちらも成人病予防
に役立ちます。摂取すれば血を
サラサラにする効果やコレステ
ロール値を下げ善玉コレステ
ロールを増やす効果などがあります。

オメガ3脂肪酸を摂取すると
血栓予防や中性脂肪を減らす
効果があると覚えておくと
簡単です!

オメガ6脂肪酸

オメガ6脂肪酸もまた必須脂肪酸
の1つで体内で生成できない成分
です。

オメガ6脂肪酸は血中コレステ
ロール濃度を低下させる働きが
あると言われています。

オメガ6脂肪酸は簡単にいうと、
血液を凝固させたり、体内の
炎症を促進したりします。

【炎症を促進させる】と聞くと
なんだか良くないものにも聞こえ
ますが、炎症が促進されると、
しっかり血液を固める役割がある
ので、体には大切な機能です。

スポンサードリンク

あさイチで放送された理想のアブラ摂取比率

【あさイチ】ではオメガ3脂肪酸と
オメガ6脂肪酸の摂取比率の重要性
を説明しています。

人間の体はオメガ3脂肪酸とオメガ6
脂肪酸の比率は【1:2】を超えない
ようにする必要があると言われて
います。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の
説明でもわかる通り、この2つの
関係はある種、逆の機能として
働きます。

これら2つのバランスが崩れれば
血液が凝固しなかったり、逆に
固まりやすくなったりします。

血液が凝固しないと血が出た時に
止まらなくなりますし、逆に凝固
しすぎると血栓の原因に繋がり
ます。

そして、現代の食生活は欧米化
していると言われておりこの比率
が【1:6】や【1:10】という数字に
なっていると言われています。

オメガ6脂肪酸の方が多く摂取
しているということは、血液を
凝固させる働きが強くなっており、
その結果、心筋梗塞や動脈硬化の
リスクが大きい事が懸念されて
います。

当然細胞にもこの影響は大きく、
オメガ6脂肪酸の摂取に偏り
すぎると肌の老化やアトピー
などにもつながる為注意が必要
だと言われています。

スポンサードリンク

オメガ3脂肪酸を摂取できる食事

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を
【1:2】の割合で摂取することが
大切です。特に重要なのが、現在
多くの過程でオメガ6脂肪酸の
比率がかなり大きい事です。

私たちは意識的にオメガ3脂肪酸を
摂取していく必要があります。
特に青魚の摂取量を増やすことを
意識すべきだと思います。

亜麻仁油やえごま油もオメガ3
脂肪酸が含まれていますが、
この油を摂取しても、食事で
オメガ6脂肪酸を多く取り入れて
しまっては意味がありません。

現状の私生活でオメガ6脂肪酸が
明らかに多い家庭は、オメガ6
脂肪酸を抑えてオメガ3脂肪酸を
多めに取り入れる意識を持つため
にも食材で摂取することがいいと
思います。

簡単に言うと、いくら良質な
アブラを摂取しても、満腹感を
得る為にオメガ6脂肪酸を取り
過ぎては意味がないです。
それであれば、オメガ6脂肪酸の
おかずを減らして青魚をメニュー
に入れる事で、オメガ6脂肪酸の
食べすぎも抑制出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

【あさイチ】で理想のアブラに
ついて紹介されます。
近年注目されているのが、オメガ3
脂肪酸とオメガ6脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は血液をさらさらに
する効果があり、オメガ6脂肪酸は
血液を凝固させる性質を持っています。

両方とも良質な細胞を作る為に
必要な栄養素ですが、食の欧米化
が進む日本ではオメガ3とオメガ6
の理想比率【1:2】に対して、現状
【1:6】~【1:10】の生活をして
いる家庭が多いようです。

オメガ6脂肪酸の過剰摂取は動脈硬化、
心筋梗塞などに繋がり、細胞膜が固く
なる事から、肌の老化にもつながり
ます。

これら必須脂肪酸の摂取方法を
見直す事がとても大切で、オメガ6
脂肪酸が多い家庭は青魚を食事で
摂取することを心がけるとよい
でしょう。

オススメはえごま油や亜麻仁油
だけでオメガ3脂肪酸を摂取せず、
青魚を食事で摂取することです。
この理由は、油だけで摂取すると
結果的にオメガ6脂肪酸の摂取量
を抑える事が出来ていないから
です。

どちらもバランスが大切なので
kyく単に減らさず、おかずの品を
1品青魚に変えるなどの工夫で
食生活を見直し、健康で綺麗な
肌の維持に心がけるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする