埼玉南浦和駅で暴力事件の犯人は誰だ?原因や理由は?2020/1/7




2020年1月7日埼玉県南浦和駅で午前8時頃駅ホームで暴力事件が発生した。

被害者は20代後半から30代男性と予想される。

被害男性の右目は青く腫れ上がり、『目が見えないようなのですぐ病院へ』との声も聞こえてきた。

右目周辺のアザはまるでボクシング選手の試合後のように晴れており、明らかに一般的に生じる打撲とは異なるため、意図的に殴られたと推測される。

数名の目撃者が介護にあたり、病院へ搬送されるようだ!

被害男性を確認した時は既に地面を横たわっており周囲の介護を受けていた。

被害者男性は意識はあるものの、立ち上がろうとするとフラつくなど、脳へのダメージも心配される。

被害者男性は少し手が震えており、とても怖い思いをしたことは明白で、すぐに心のケアにも当たって欲しい。

階段付近で倒れており、電車から降りた際、殴られ犯人はそのまま立ち去ったと推測される。

目撃者の話からは事件現場付近に設置してある防犯カメラに映っているのでは?との声も上がっていた!

犯人と被害者との関係性については判明してない。事件の原因や理由についてはまだ確認できていないが、周囲の反応から被害者側が一方的に殴られたような印象を受けた。

2020年1/7は新年の初出勤者が多く新しい年の始まりにも関わらず、このような事件が発生するのは非常に悲しい。

令和初の年越しを終え、新しい時代の始まりにこのような出来事が発生してしまい残念だ。

とにかく迅速な事件解決と被害男性の回復を願いたいと思う!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする