Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

激レアさんの学生結社(秘密結社)コーアレノニカーリアはどんな組織?噂や伝統とは?




みなさんこんにちは。

いつもありがとうございます。
毎度お馴染みHIHIです。

8月31日に【激レアさん連れて
きた】が放送されます。

今回は大学教授の菅野瑞治也が出演。
菅野瑞治也さんはドイツ語学科の
教授で昔ドイツのマンハイムへ留学
した際、ただ酒に惹かれてドイツの
学生秘密結社コーアレノニカーリア
に正会員として入ってしまった
らしいです。

ドイツ秘密結社コーアレノニカーリア
は入会する時、真剣で戦う事が儀式
のようなもので、菅野瑞治也教授も
戦ったようです。

ドイツの秘密結社コーアレノニカーリア
とはどんな団体なのか?
また、なぜ決闘するのか?など
きになる内容を調べてみました。

ドイツの秘密結社(学生結社)について

皆さんは秘密結社と言われたら
どのような事を考えますか?

私なら映画とかに良く出てくる
フリーメイソンなどを思いだし
ます。

実は秘密結社と呼ばれる団体は
非常に沢山存在します。

特にドイツでは学生結社と呼ばれる
団体が非常に多く、現在も1000団体
ほどあるようです。

現在、全体の会員数は15万人で、
ドイツの大学生は280万人と言われて
いるので、男女比1:1と考えれば何かの
団体に所属しているのは約5%だと
言える。
※280万人は2018年の情報

そもそも、このような独立する団体は
恐らく1815年6月にイェナ大学で結成
したブルシェンシャフトが始まりです。
19世紀に自由を掲げて立ち上がった
団体で最終的には禁止され秘密結社に
なったようです。

このように学生の団体の歴史は19世紀
から始まって現在もその名残が残って
いるのではないかと考えられます。

スポンサードリンク

コーアレノニカーリアとは

残念ながらコーアレノニカーリアの
情報は全く出てきませんでした。

恐らく【激レアさんを連れてきた】
で菅野瑞治也教授がコーアレノ
ニカーリアについてお話してくれ
ると思いますので番組の詳細を
待ちたいと思います!

コーアレノニカーリアの決闘

コーアレノニカーリアの決闘に
関しては、ドイツの古くから伝わる
儀式みたいなものです。

ドイツは18世紀から学生結社に入会
する際、決闘を行うことがよくあった
ようです。

決闘は厳密なルールがあり、立会人も
存在し、致命傷に至らないように防具
も付けて行われます。

この事をドイツでは『メンズーア』と
呼ぶようです!

メンズーアは真剣で2人が1mの距離で
対面して戦います。
下半身は動かさず、上体や顔を動かし
て逃げるような行為は失格されており
防ぐには真剣で防御する必要がある。

メンズーアにはドクターが立ち会って
おり、負傷した際すぐ治療をして
もらうことは可能!
但し、昔は麻酔もなく治療していた
事が分かっている。

メンズーアはあくまで儀式の為か
勝ち負けを競い合うものではない。
これはヨーロッパに根付く騎士道
精神の勇気の証明といったところ
でしょう。

日本でも武士道など言われ続けて
いる為、同じような感覚のもの
だと考えられます!

現在でも秘密結社(学生結社)の決闘はあるのか?

結論からいうと決闘という文化は
今でも残っているようです。

上記にも記載がありますが、現在
学生結社の団体数は1000と言わ
れており、そのうち400が決闘する
団体でそこに属する会員は55000人
と言われています。

今現在でも学生の約4%が決闘で
秘密結社の一員になっているの
ですね!!

勇気の証明と言われますが、非常に
危険ですし、全体からして会員数が
少なくなっていることはなんとなく
理解できますね。

スポンサードリンク

まとめ

【激レアさん連れてきた】でドイツ語
学科の菅野瑞治也教授が出演。

ドイツでただ酒に連れられて入会した
秘密結社コーアレノニカーリアに
ついて紹介しました。

ドイツは18世紀頃から自由を主張
する学生結社が多く、菅野瑞治也
教授はドイツ留学中にただ酒に
釣られて、秘密結社の正会員に
なってしまったようです。

昔のドイツの秘密結社(学生結社)と
呼ばれる団体は決闘する必要があり、
菅野瑞治也教授も真剣で戦ったこと
と言われています。

ドイツの学生結社の決闘は勝ち負け
ではなく、勇気の証明として行わ
れる文化の1つです。

現在でも学生結社は存在しており、
その数は1000団体。そのうち400の
団体は今でも決闘の文化がります。

ドイツの学生280万人に対して
約55000人が学生結社の団体に
に加盟して決闘した経験がある
と言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする