古田敦也と石井章夫の関係は?プロ入りを拒否した理由とは?<消えた天才>




みなさんこんにちは。

毎度お馴染みHIHIです。

いつも読んで頂きありがとう
ございます。

7月28日に【消えた天才】が
放送されます。
今回はSPで野球界の名捕手で
ある古田敦也さんが認めた
消えた天才が紹介されます。

その天才の名は『石井章夫』さん
です。

古田敦也さんが認めた天才、
石井章夫さんとはどんな
選手だったのか?

二人の関係や石井章夫さんが
プロ入り拒否した理由を
調べました。

スポンサードリンク

石井章夫がプロ入りを拒否した理由

石井章夫さんは1971年に
桐蔭学園高校で甲子園に
出場し、母校を初優勝に
導いています。

その後、慶応大学へ進学すると
石井章夫さんは大学野球界で
いっきに開花します。

当時、大学野球界で石井章夫の
名を知らない人はいなかったと
言われています。

1985年には秋季リーグで無敗優勝
するなど偉業を達成し、誰もが
プロ入りすると思っていました。

しかし、石井章夫さんが選んだ道は
『プロ入り拒否』!

昔から、プロ野球選手になる事が
夢だと語っていた石井章夫さんは、
当時、横浜大洋ホエールズから
ドラフト2位指名されていました。

そんな彼がプロ入りしなかった
理由は・・・・『家庭環境』!

石井章夫さんの実家は父が他界
しており、母と弟との3人暮らし。

家庭を養う立場だった石井章夫さん
にとって、プロ野球といういつ
クビになるか分からない世界で
給料を稼ぐことはリスクが非常に
高かったようです。

そこで決断したのが
『社会人野球への道』!

社会人野球であれば企業に所属
する為、怪我や戦力外となっても、
会社の社員として働くことが出来る
と考えたのです。

この決断で石井章夫さんはと
東京ガスに入社!

12年間社会人野球選手として活躍
しましたが、現役の時には日本代表に
選ばれることはなく引退しました。

引退後、3年間東京ガスの野球部
監督を引き受けます。

そして2017年には社会人野球の
日本代表監督へ就任。
選手としてかなえる事が出来な
かった夢を監督としてかなえる事が
出来たのかもしれません。

スポンサードリンク

古田敦也と石井章夫の関係

古田敦也さんと石井章夫さんの
関係は社会人野球が切っ掛けです。

古田敦也さんはトヨタ自動車の
硬式野球分に所属しており、
その後ヤクルトスワローズと
契約しました。

社会人野球出身だった為、当時は
石井章夫さんと対戦経験もあると
考えられます。

この時、古田敦也さんは石井章夫さんの
送球をみて、『この人には勝てない』と
思ったと言われています。

当然そんな人が同じ社会人リーグで
活躍している為、古田敦也さんは
『プロで活躍するには石井章夫さんを
超える選手でなければプロで活躍
できない』と感じていたようです。

これが古田敦也さんがプロで活躍
する為の指標となっており、
石井章夫さんを超える為の努力を
積み重ねてきたと考えられます。

つまり、古田敦也さんからみた
石井章夫さんとの関係は
『超えるべき壁』といった
目標に近い選手だったと思われます。

スポンサードリンク

まとめ

//石井章夫がプロ入りを拒否した理由//

石井章夫さんは1971年に
桐蔭学園高校で甲子園に
出場して優勝。

その後、慶応大学へ進学して、
横浜大洋ホエールズから
ドラフト2位指名されるが、
それを拒否。

理由は『家庭環境』!

他界した父の代わりに母と弟を
養う必要があり、いつクビに
なるか分からないプロ野球の
世界で稼ぐことはリスクが
高かった。

社会人野球であれば企業に所属
する為、怪我や戦力外となっても、
会社の社員として働くことが出来る
と考えたのです。

この決断で石井章夫さんはと
東京ガスに入社!

12年間社会人野球選手として活躍
して、引退後は3年間東京ガスの
野球部監督に就任。
そして2017年には社会人野球の
日本代表監督へ就任しました。

//古田敦也と石井章夫の関係//

古田敦也さんと石井章夫さんの
関係は社会人野球の選手同士。

古田敦也さんはトヨタ自動車、
石井章夫さんは東京ガスで
社会人野球をしていた。

この時、古田敦也さんは石井章夫さん
の送球をみて、『この人には勝てない』
と思いプロで活躍するには
石井章夫さんを超える選手でなければ
プロで活躍できない』と感じていた。

これが古田敦也さんがプロで活躍
する為必要な努力の指標となった。

つまり、古田敦也さんからみた
石井章夫さんとの関係は
『超えるべき壁』といった
目標に近い選手だったと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする