Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

魚代エジプトの歴史や謎とは?ファラオが愛した魚はどれ?<世界ふしぎ発見>




 

みなさんこんにちは。

いつも読んで頂きありがとう
ございます。
毎度お馴染みHIHIです。

7月20日に【世界ふしぎ発見】が
放送されます。

今回はさかなクンがミステリー
ハンターに初挑戦!
魚代エジプトの歴史や謎を
紐解きます。

あれ?古代エジプトじゃなくて?

そうなんです。
今回は【魚代エジプト】に
ついてです!

エジプトには昔から多くの魚の壁画が
描かれた壁絵が発見されており、
古代エジプトと魚はとても密接な関係
があるようです。

今回は魚の専門家である、さかなクンが
ミステリーハンターとして古代エジプト
と魚の謎や歴史、そして、ファラオが
愛した魚を求めて旅をします。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=a5Em5zpG0uU

下記番組放送後内容修正、
追加する予定です!

魚代エジプトの謎

エジプトと魚は古代から深いつながり
があるようですが、どのような関係性
なのか謎のままでした。

例えばファラオの仮面は黄金とその
特徴的な形に目が奪われがちですが、
その仮面をよく確認すると魚の絵が
彫られていることが分かります。

つまり、古代エジプトではファラオの
仮面に描かれるほど魚は貴重だった
ことが分かります。

 

いったいどんな歴史があるのか、なぜ
魚の模様がファラオの仮面に描かれて
いるかは番組を確認してから追記
します。

スポンサードリンク

魚代エジプトの歴史

古代エジプトでは物事を絵で残す
文化が根付いていたようです。

例えばこの『アメンエムペルムウトの
彩色木棺』にはとても多くの絵が
刻まれています。

言葉の代わりに絵を用いていたことが
想像できますね。残念ながらこの中に
魚が描かれているかは確認できません
でしたが、興味深い絵が沢山描かれて
いるため、魚も描かれているのでは
ないかと想像できます。

出典:https://serai.jp/hobby/53818

仮面以外にも壁画に魚の絵が
残っている為、魚の模様は
歴史的に意味がある事は
間違いありません。

出典:https://www.louvre.fr/jp

例えばこの壁画には人の足、魚、
植物、カエル、ワニやカバの絵が
縮尺関係なく忠実に描かれています。

これはエジプトのナイル川周辺に
生息していた動物たちが水の中で
生活していたことを記録として
残していたのだと考えられます。

この壁画から分かるように、
ナイル川がいかに古代エジプト
文化で重要なものだったのか
分かりますね。

ナイル川は食事用の魚を取ったり、
水を汲んだりと生活の一部で
あった為、歴史的資料もまだまだ
沢山残っていると考えられます。

こうした壁画をみると、魚や
カエルは古代エジプト人の大切な
蛋白源だったこともわかります。

ワニやカバを狩猟するより魚や
カエルは簡単に捕まえることが
出来、生活の中で重要な食糧
だったはずです。

つまり、魚は『とても貴重なもの』
として考えられていたのでおおくの
物に絵として残されているのだと
考えられます!

スポンサードリンク

※魚代エジプトの歴史は番組の後追記します。

ファラオが愛した魚とは?

出典:https://kurashi-no.jp/I0012516

ファラオの仮面に魚が描かれていた
ことで、魚を食されていたことは
想像できました。

番組内ではファラオが愛した魚を
探してナイル川や市場をさかなクン
が駆け巡ります。

おそらくファラオが愛した魚とは
『ナイルパーチ』かも知れません
(予想)。

ナイルパーチの丸焼きはエジプト
の伝統的な料理であり、古代
エジプトの時代にも食されて
いたのではないかと考え
られます!

このような魚の丸焼きを蛋白源と
していた為、一般人よりも王宮に
仕えていた身分の高い人間しか
食べる事が出来なかったのかも
しれませんね!

だからこそファラオの仮面には
魚が描かれていたのかも
しれません。

※番組確認後追記修正します。

スポンサードリンク

まとめ

下記まとめも番組放送後
内容追記修正します。

//魚代エジプトの謎//

エジプトと魚は古代から深いつながり
があるが、関係性は謎のまま。

ファラオの仮面は黄金とその特徴的な
形が特徴的だが、仮面をよく確認
すると魚の絵が彫られている。

つまり、古代エジプトではファラオの
仮面に描かれるほど魚は貴重だった。

//魚代エジプトの歴史//

古代エジプトでは物事を文字ではなく、
絵で記録していたことがわかります。

仮面以外にも壁画に魚の絵が
残っている為、魚の模様は
歴史的に意味がある事は
間違い無い。

壁画には人の足、魚、植物、
カエル、ワニやカバの絵が
縮尺関係なく忠実に描かれて
おり、エジプトのナイル川
周辺に生息していた動物たちが
水の中で生活していたことを
記録していると考えられる。

壁画から魚やカエルは古代
エジプト人の大切な蛋白源
だったことを示しており、
簡単に捕まえることが出来、
生活の中で重要な食糧だった
こともわかる。

つまり、魚は『とても貴重なもの』
として考えられていたので多くの
物に絵として残されているのだと
考えられる。

//ファラオが愛した魚//

ファラオが愛した魚とは
『ナイルパーチ』かもしれない。
(予想)。

ナイルパーチの丸焼きはエジプト
の伝統的な料理であり、古代
エジプトの時代にも食されて
いたのではないかと考えられる!

このような魚の丸焼きを蛋白源と
していた為、一般人よりも王宮に
仕えていた身分の高い人間しか
食べる事が出来なかったのかの
かもしれない。
だからこそ、ファラオの仮面には
魚が描かれていたと想像できる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする