ハリーベイリーに差別発言殺到。アリエルに人種は必要か?




 

みなさんこんにちは。

本日、実写版ディズニーの『リトルマーメード』のヒロイン役(アリエル)にハリーベイリー(19歳)が選ばれたと発表がありました。

ハリーベイリーはR&Bシンガーとして活躍しており、この抜擢に驚いた人も多いはずです。

ハリーベイリーはとても可愛らしいく笑顔が素敵な女性で、どことなく目元がアリエルに似ている気もしており雰囲気はありそうに感じます。
また、抜群の歌唱力の持ち主!!

期待できるかな!?って思っていた矢先、とても残念な差別発言がネット上で相次ぎました。

『アリエルは白人でしょ!』、『なんで黒人選ぶの?』など多くの批判が寄せられているようです。賛否両論で意見は分かれていますが、ある事象に対して『白人が選ばれるべき!』、『黒人を選ぶのか?』と言う表現はどんな理由があれ差別発言であり、あってはならない言動であることは世界の基準となっている。

筆者も動画やパッケージに出てくるアリエルを調べてみたが、そもそも、アリエル肌は動画によって異なっており固定色ではなさそうです。

動画の一部から切り出したものですが、別に白人や黒人に限定されたキャラクター出ないことがわかります。表現次第でいくらでもイメージを変える事ができる事、それがアニメの素晴らしい魅力であるはずです。

スポンサードリンク

実写化に伴い、よく話題になるのが、『原作通りじゃない』という指摘。ここにも視聴者の先入観(実写化=原作と同じ必要がある)がある。

実写化を原作通りに表現する必要はなく、それはあくまで鑑賞する側の期待なだけであり、その感情に『白人・黒人』というワードを選択することが間違いであると指摘する人も多い。

ネット上の書き込みに核心をつくコメントがありました。

アリエルは白人とか言ってる人が沢山おってイライラするな。アリエルは人魚だよ人間じゃないんだよ つまり白人とか黒人とかそういう括りじゃない。
そもそもアリエル役に黒人って見出しもおかしい。
女優の名前をでかく表現すべき。日本人の時にディズニー実写 〇〇役に黄色人種って書くのか?

このコメントを見て、アリエル役でハリーベイリー抜擢についてネット上で批判されるべきことがどれだけおかしい事なのか改めて考えさせられました!

最も大切なことは、アリエルという大役をハリーベイリーという19歳の若者が射止めたということ。この事が世界的に素晴らしく賞賛されるべきである事は自明な事実である!

アリエル役として抜擢されたハリーベイリーの活躍を心から期待したい!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする