スポンサーリンク

【顎コリ】を【あご筋ほぐし】で改善。改善方法や症状確認、通う病院など!

医療・健康

みなさんこんにちは。

いつもお読み頂き感謝です!
毎回お馴染みHIHIです。

みなさん『顎コリ』ってご存知
ですか?
その名の通り、あごの筋肉がこる
ことですが、この『顎コリ』
が原因で、食欲不振、頭痛、不眠
などの症状を訴えるひとが多い
らしいです。

最近の研究では、あご関節症と
呼ばれる病気もこの『顎コリ』
が原因かもと言われているよう
です!

『顎コリ』は自覚症状がある人と
そうでない人もおり、セルフチェックを
することが大切なようです。

今回は、この『顎コリ』のセルフ
チェック方法や凝り固まったあごの
筋肉をほぐす為の『あご筋ほぐし』
方法を確認してみました。

あごこりの症状や特徴とセルフ
チェックやあご筋ほぐし方法、
病院での検査についてなどを
紹介していければと思います。

スポンサーリンク

あごこりの症状と原因

顎コリから発症する症状

顎コリが酷くなると、どの
ような症状が発生すると下記
のように多くの症状が発症
する恐れがあります。

  • あご関節症
    ⇒あごがカクつく
  • あご筋肉の痛み
    ⇒口が大きく開けられない
  • 肩こり・腰痛・目の疲れ
    ⇒片側の首筋が凝る
  • 口内乾燥
    ⇒すぐ口の中が乾燥する
  • 歯や舌の痛み
  • 頭痛
  • 不眠
  • 食欲低下

顎コリから発症する症状は
このように様々です。

特にあごがカクつく症状は気が
付きやすいのですが、片側だけ
肩腰のコリが出てくる場合やその
他にも不眠や頭痛など、原因が他に
あると錯覚する症状が多いことから
注意が必要です。

顎コリの原因

顎コリには下記のような
いくつかの原因が考えられます。
※これが全てではない

  1. かみ合わせや歯並びが悪い
  2. 歯ぎしり、噛み癖
  3. ストレートネック
  4. 体全般の歪み

例えば、歯並びやかみ合わせなどは
多いようです。また、意外と気が
付かないのが噛み癖かもしれません。

集中している時や寝ている時に
知らず知らずのうちに口に力が
入っている状態です。無意識に
あご筋が緊張状態になっており
これが『顎コリ』の原因と
なるようです。

また、最近はスマートフォンの
使用時間と仕事でPCを使う時間が
極端に多くなっており、首の骨が
ストレートネックになるや体全般
が歪んでいる人が多いようです。

ストレートネックや体の歪みも、
あごこりの原因の1つの為、注意が
ひつようです!!

スポンサーリンク

顎コリのセルフチェック

顎コリのセルフチェック方法は
いくつかある為、紹介します。
簡単な方法をご紹介します。

口を閉じている時に上下の歯が接触していないか?

基本的に口は閉じている時、上下の
歯は接触しません。
しかし、顎コリの症状が出る人の
中には無意識のうちに上下の歯が
接触している人がいます。

これは、常にあご筋が緊張状態に
なっている状態のようです。
つまり、あご筋を常に使っている為、
こりとして返ってくるわけです。

ふとした瞬間の自分の口がどのように
なっているか確認してみるといいかも
しれません。

口の中に指が何本入るか確認

指の第二関節までを基準に何本
入るかであごこりの疑いを確認
出来ます。

一般的には3~4本指を立てに揃えて
口に入れる事が出来れば、以上は
ありません。

しかし、2本しか入らない人はあごこり
が酷くなっている為、注意が必要です。

1~0本の人は顎関節症の疑いもある為、
すぐ病院で治療を受ける事オススメ
します。

あご関節がカクカク鳴るか確認

これは、顎コリとは少し異なると
思いますが、耳の近くに、顎関節
(がくかんせつ)という部分があり
ます。ここは、下口を動かす為の
関節となっており、ここがカクカク
外れるような音がすると顎関節症
疑いがあるようです。

顎関節症は顎コリが原因かも
しれないと言われており、逆説な
考え方ですが、簡単にチェックが
出来ると思います!

スポンサーリンク

顎コリの改善方法

顎コリを改善するには、とにかく
『あご筋ほぐし』が大切です。
要はあご筋のストレッチみたいな
もので、最近では色々な方法が
ネット上に紹介されています!

有名なものをいくつか紹介します。

そしゃく筋(咬筋と側頭筋)のマッサージ

出典:クリニカルマッサージ(医道の日本社)

あご筋ほぐしとは、そしゃく筋を
ほぐすことです。
そしゃく筋は歯のかみしめや顎の
動作を担う筋肉です。

口を閉じた状態で歯が接触している
人は常にそしゃく筋に力が入っている
状態で、顎コリの要因となります。

このそしゃく筋を手で軽く円をかく
ようにマッサージすることが効果的
と言われています。

顎とこめかみ部分の筋肉をそれぞれ
8秒間円を描くようにマッサージを
行い、その後に上を向きながら口を
立てにあける動作を3回繰り返し
ましょう。

これを朝晩続けることで、あごこり
の改善につながります。

寝る時マウスピースを付ける

寝る時にマウスピースを付ける
ことはあごこり改善に役立つと
言われています。

これは医師から進められる事が
多いと思います。

特に無意識のうちに噛み癖が発生
する人はマウスピースを付ける
ことで負荷が減り、顎コリの
軽減につながります。

また、余談ですが噛み癖から生じる
歯の接触はエナメル質が削られ虫歯の
原因にもつながる為、この予防にも
マウスピースは有用です。

自分専用のものを作る必要があり、
歯医者で相談すると数千円~1万円
くらいで作ってくれます。
※値段は病院によって異なる

PCやスマホの使い方改善

特に注意が必要なのが、私生活の
パソコンやスマホを使う時の姿勢
です。

写真の女性を見てもらうとわかり
ますが、顔が前がかりになって
おり、ストレートネックの原因
なります。

デスクトップPCはまだ調整がきく
のですが、ノートパソコンはどう
しても視線が下に向くため、顔や
位置や姿勢含めて改善すべきです。

スマホを顔より下に向けて見ている
人も同様に注意が必要です。

意識1つで改善できることは私生活に
取り入れましょう!!

顎コリで通う病院は?

まず向かうのは、歯科医院がいいと
思います。

歯並びや、噛み癖などの相談をして
自分の歯がどうなっているか確認
することが必要だと思います。

医者によっては歯並びやかみ合わせが
合わない場合、歯を削って調節して
くれることもあります。

筆者自身も昔一度経験しましたが、
結構効果があり、それ以来噛み癖が
減った気がします。

最近では運動療法と言って、歯を
削らなくても口を動かす体操を
することで劇的に改善されると
報告されている為、気軽に相談
してみるといいかもしれません!

まとめ

【あごこりの症状と原因】

//顎コリから発症する症状//

顎コリが酷くなると、下記の
ような症状を発症する恐れが
ある。

  • あご関節症
    ⇒あごがカクつく
  • あご筋肉の痛み
    ⇒口が大きく開けられない
  • 肩こり・腰痛・目の疲れ
    ⇒片側の首筋が凝る
  • 口内乾燥
    ⇒すぐ口の中が乾燥する
  • 歯や舌の痛み
  • 頭痛
  • 不眠
  • 食欲低下

不眠や頭痛、こりなどは他に原因が
あると錯覚することが多い為、注意が
必要。

//顎コリの原因//

  1. かみ合わせや歯並びが悪い
  2. 歯ぎしり、噛み癖
  3. ストレートネック
  4. 体全般の歪み

噛み癖は集中している時や寝て
いる時に知らず知らずのうちに
口に力が入っている状態。

無意識にあご筋が緊張状態に
なるため注意が必要。

また、スマートフォンやPCを使う時の
姿勢が悪い人はストレートネックになる
可能性が高く、顎コリに繋がる。

【顎コリのセルフチェック】

//口を閉じている時に上下の歯が接触していないか?//

無意識のうちに上下の歯が接触して
いる人は、常にあご筋が緊張状態に
なっているため、顎コリの原因に
なる。

//口の中に指が何本入るか確認//

指を立てに揃えて第二関節まで
何本入るかであごの状態を確認。

3~4本:正常

2本:顎コリがある

1~0本:顎コリだけでなく顎関節症の
可能性も否定できない為、病院へ行く
事がオススメ!

//あご関節がカクカク鳴るか確認//

顎関節(がくかんせつ)を動かすと
カクカク外れるような音がする人は
顎関節症の疑いがある。

顎関節症はあごこりが原因と言われて
おり、逆説な考え方として、チェック
すべき!

【顎コリの改善方法】

//そしゃく筋(咬筋と側頭筋)のマッサージ//

あご筋ほぐしとは、そしゃく筋を
ほぐすこと。
そしゃく筋を手で軽く円をかく
ようにマッサージすることが効果的。

//寝る時マウスピースを付ける//

寝る時にマウスピースを付ける
ことは無意識の噛み癖による
影響を軽減する。

また、噛み癖から生じる歯の接触は
エナメル質が削られ虫歯の原因にも
つながる為、この予防にもマウス
ピースは有用です。

自分専用のものを作る必要があり、
歯医者で相談すると数千円~1万円
程度。
※値段は病院によって異なる

//PCやスマホの使い方改善//

パソコンやスマホを使う時の姿勢で
画面が顔より下にある場合顔が前に
出る傾向がありストレートネックに
なりやすい為、意識的に顔の位置
モニタの位置を注意すること。

【顎コリで通う病院は?】

あごこりの改善で最初に行く病院は
歯科医院がオススメ。

歯並びや、噛み癖などの相談をして
自分の歯がどうなっているか確認する
ことが必要。

運動療法で改善が見込める為、気軽に
相談することをオススメ!

【HIHIの感想】

顎コリは多くの人が悩む病状の
一つですよね。
HIHIも昔から噛み癖が酷く、
顎コリには悩まされています。

意識してあご筋ほぐしを実践したり、
PCやスマホの画面を変えたりする
ことで改善していければと思い取り
組んでいます。

顎コリに困っている人の役に立つ
記事になればうれしいです!
大切な体の一部なので是非ケアして
改善していきましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
医療・健康
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました