電気締めした魚が美味い?居酒屋やスーパーで出回るのか?<林先生の初耳学>

みなさんこんにちは。

いつも読んで頂き、ありがとう
ございます。
毎回お馴染みHIHIです!!

突然ですが、みなさんお刺身は
お好きでしょうか?
お刺身は鮮度が命とよく言われて
おり、締め方1つで味が変わります。

魚の締め方は一般的に、魚の延髄という
脳の一部を切断することで即死させ、
血抜きをすることで、生臭さを極力
抑える事が鮮度を保つ秘訣と言われて
います。

そんな中、現在よりも優れた締め方
として【電気締め】という方法が
考案されています。

魚を電気締めすると、毛細血管に
残った血液を取り除くことが出来る
為、安くて美味しくなかった魚が
超高級魚に大変身するらしです。
※詳しくは下記参照!

例えば、ゴソカレイと言われる
魚は煮つけにしても美味しくない
と言われており、昔から需要が
少なかったため、10円レベルの
とても安値で取引されていましたが、
電気締めをすることで値段が180倍
にもなるほど美味しくなるそうです。

そんなに素晴らしい技術なら絶対
美味しいはずと思い、電気締めを
した魚を提供しているお店を探して
みました。

電気締めの方法と効果

まずはこちらをご覧ください!
テレビで取り上げられた電気締め
の方法です。

出典:https://www.youtube.com/watch?time_continue=188&v=7JU7TtWGOlM

この方法を考案したのが、北海道の
マツダ商店代表の松田英照さんです。

血抜きをする工程は一般的な方法の
ようですが、松田代表はそこに1つ
手間を加えて、本来取り除くことの
できない血液を取り除きます。

AEDからヒントを得て開発された
この技術は、電極で魚へ電気を流す
ことで、ほぼ完ぺきに血ぬきが出来
ます。

毛細血管レベルの血液を電気で心臓に
集めて、電気ショックで心臓を動かし
排出させる手法です。

これによって、体内に残る血生臭さを
取り除き、今まで価値の低かった魚も
とても美味しく食べる事ができます。

とても画期的な発明で、今までの
価値が低かった魚も流通する可能性
が高いと考えられます!!

スポンサードリンク

電気締めした魚を食べられる店

北の味紀行 さっぽろっこ

北の刺身盛り合わせ(全部のせ)
 ⇒ 4000円

本日の刺身盛り合わせ

 ⇒ 2980円

さっぽろっこでは上記に紹介した
ゴソカレイを刺身で提供しています。
今まで刺身で食べることはあり得な
かったものですが、とても美味しい
と評判です!!

※電気締めの魚を取り扱っている
お店は上記のお店しかわかって
いません。
他のお店が確認でき次第、追記
します!!

通販情報

現在は通販のような個人向け販売は
実施していないようです。
是非家庭でも食べたかったのですが
残念ですね。

通販が無い理由は下記に参照して
くださいね!!

電気締めした魚の流通は?

電気締めは一匹ずつ処理する為、
数が出せないのが現状です。
その結果、大量の流通は現状
難しいと言われています。

このことから、通販はもちろん、
居酒屋へ提供している数も限ら
れており、なかなか食べる事が
出来ないようです。

今後、もう1つの優れた技術で、
電気締めを自動化できれば、
我々の食卓に電気締めした
魚が並ぶ日も来るかもしれ
ません。

スポンサードリンク

まとめ

【電気締めの方法と効果】

電気締めは電極で魚へ電気を流す
ことで、毛細血管レベルの血液を
心臓に集めて、電気ショックで
心臓を動かし排出させる手法です。

これによって、体内に残る血生臭さを
取り除き、今まで価値の低かった魚も
とても美味しく食べる事ができます。

【電気締めした魚を食べられる店】

//北の味紀行 さっぽろっこ//

北の刺身盛り合わせ(全部のせ)
 ⇒ 4000円

本日の刺身盛り合わせ

 ⇒ 2980円

さっぽろっこでは電気締めした
ゴソカレイを刺身で堪能できます。
ゴソカレイは今まで刺身で食べる
需要が無かった魚ですが、電気締めを
することでとても美味しい食べられる
ようになった魚です。

//通販情報//

現在は通販のような個人向け販売は
実施していないようです。

【電気締めした魚の流通】

電気締めは一匹ずつ処理する為、
数が出せないのが現状です。
その結果、大量の流通は現状
難しいと言われています。

このことから、通販はもちろん、
居酒屋へ提供している数も限ら
れており、なかなか食べる事が
出来ないようです。

【HIHIの感想】

電気締めはとても画期的な技術
ですね。
例えば現在流通している魚に
対して行った場合、もっと美味
しくなるのか気になるところ
ですね。

凄い優れた技術なのに、大量
対応できないのが残念ですね。
これが出来ればいつか私達の
食卓にも鮮度抜群の魚が届く
ようになるのかもしれません!

松田代表には是非大量の魚でも
同じことが実現できる方法を
確率してもらい、私達の食生活
も変えてもらいたいですね(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告1




広告1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする