ボストンクリームパイ(浜志まん)の味と場所とは?ぶらぶらサタデー

みなさんこんにちは。

 

いつも記事を読んで頂きありがとう
ございます。HIHIです!!

 

5月11日(土)に【ぶらぶらサタデー】
が放送されます。
今回はボストンクリームパイと呼ばれる
ケーキが話題となっています。

 

ボストンクリームパイは横浜の隠れた
名店【浜志まん】で販売されています。

 

見た目がとても綺麗で外見から
惹きつけます。昔からあるケーキ
らしいのですが浜志まんの
ボストンクリームパイはいった
どんなものなのでしょうか?

 

ボストンクリームパイの味や見た目、
歴史や浜志まんの場所についてなど
色々まとめてみました。

スポンサードリンク

ボストンクリームパイの歴史

出典:https://yukemuri-manpuku.at.webry.info/201110/article_12.html

ボストンクリームパイはアメリカの
ボストンが発祥のケーキです。
1885年アメリカのオムニパーカー
ハウスと呼ばれるホテルで誕生
しました。

 

ボストンクリームパイは第35代
アメリカ大統領のケネディーも
食べたと言われている有名な
ケーキです。

 

当時ボストンクリームの美味しさは
アメリカ全土に広がり、アメリカの
一般的なケーキとして普及しました。

 

もともと、横浜港でアメリカと日本の
貿易が行われており、当時のアメリカ
船のパティシエが日本に伝えたと言わ
れています。

 

アメリカでは、形はオリジナルとして
変化しながらも、ボストンクリーム
パイとして販売しているお店は多い
です。

スポンサードリンク

ボストンクリームパイの見た目と味

出典:http://goodnight-lilly-goodnight-christine.blogspot.com/2015/05/blog-post_18.html

ボストンクリームパイと言えば
なんといっても注目するのがこの
美しい見た目です。
シンプルなのに華やかで、余計な
飾りは一切なく断面もとにかく
美しいケーキです。

 

細かい模様と中央の菓子チェリーが
なんとも品があり見た目から楽
しませてくれます。

 

浜志まんのボストンクリームパイの
味は甘さ控えめの生クリームが上の
面に広がり、中にはカスタード
クリームも入っています。

 

食べた人の口コミはみな美味しいと
昔ながらのケーキですが評判は高い
ようですね。

 

昔から作られていて今もまだ形を
変えつつ伝わるボストンクリーム
パイは日本の和菓子と同じように
アメリカでも愛されているの
でしょう!!

浜志まんの歴史

出典:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140306/14001122/dtlphotolst/4/smp2/

浜志まんは大正2年に創業した老舗の
洋菓子店です。
浜志まんはもともと和菓子屋だったが
横浜の街並みが欧米化する中で
浜志まんも時代の流れに沿って
変わっていったようです。

 

和菓子店から洋菓子店へ変わるのは
とても大変だったのではないで
しょうか?同じスイーツでも使う
素材や調理方法まで全く違うので、
先代の方々は大変苦労したと思い
ます。

 

ケーキの種類は毎日20種類以上あり、
季節のフルーツを使ったメニューが
多く店頭に並んでいます。

 

店内でも食べることが出来るようで、
友達や家族、恋人など横浜を訪れる
時は浜志まんのボストンクリームパイ
で一息休憩してみてはいかがでしょうか?

浜志まんの場所

【営業時間】
10:00~11:30

【定休日】
第1、第3月曜日

【電話番号】
045-252-4001

【アクセス】

ブルーライン阪東橋駅より徒歩7分
京浜急行黄金町駅徒歩7分
JR関内駅徒歩15分
阪東橋駅から344m

浜志まんの店内は10席ほど
しかありません。

 

ボストンクリームパイは2200円
で購入できます。
また、浜志まんにはミニボストン
クリームパイが販売されており、
380円で購入できます。

 

もし少人数の場合はこのミニ
ボストンクリームパイを購入
するのがお勧めです!!

スポンサードリンク

まとめ

【ボストンクリームパイの歴史】

ボストンクリームパイはアメリカの
ボストンが発祥のケーキです。
1885年アメリカのオムニパーカー
ハウスと呼ばれるホテルで誕生した。

 

もともと、横浜港でアメリカと日本の
貿易が行われており、当時のアメリカ
船のパティシエが日本に伝えたと言わ
れています。

 

 

【ボストンクリームパイの見た目と味】

ボストンクリームパイと言えば
注目するは見た目の美しさです。
シンプルなのに華やかで中央の
チェリー以外に余計な飾りは
一切ありません。

 

浜志まんのボストンクリームパイの
味は甘さは控えめの生クリームが
上の面に広がります。
中にはカスタードクリームも入って
おり口コミでは美味しいと評判が
高い。

 

 

【浜志まんの歴史】

浜志まんは大正2年創業の老舗
洋菓子店。浜志まんはもともと
和菓子屋だったが横浜の街並み
の変化に合わせて洋菓子店に
変わったいったそうです。

 

浜志まんは、ケーキの種類が毎日
20種類以上あり、季節のフルーツを
使ったメニューが店頭に並んでいます。

 

浜志まんでは10席ほど準備されており、
ボストンクリームパイを店内でも食べる
ことも可能。

 

【浜志まんの場所】

//営業時間//
10:00~11:30

//定休日//
第1、第3月曜日

//電話番号//
045-252-4001

//アクセス//

ブルーライン阪東橋駅より徒歩7分
京浜急行黄金町駅徒歩7分
JR関内駅徒歩15分
阪東橋駅から344m

 

 

【HIHIの感想】

ボストンクリームパイ本当に
美味しそうですね。
アメリカの伝統デザートと
いっても差し支えないですね。

 

未だにアメリカでは色々な形をした
ボストンクリームパイが販売されて
いるので、現代風のボストン
クリームパイも食べてみたいです。

 

また浜志まんでは大正時代から続いて
いるお店なので、大正、昭和、平成、
令和と4つの時代を生き抜いてきた
素晴らしいお店なんですね。

 

昔から受け継いできた浜志まんの
スイーツを是非みなさんも堪能
していmてください!!

ISE
関連コンテンツ
Zucks
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました