空飛ぶ車(ネクサス:ベルヘリコプター)の問題点は?未来世紀ジパング




みなさんこんにちは。
いつも読んで頂きありがとう
ございます。
毎度お馴染みHIHIです。

5月8日に【未来世紀ジパング】が
放送されます。
今回の放送は世界の固定概念を覆す
テクノロジー【空飛ぶ車】の話です。

空飛ぶ車といえば、21世紀にネコ型
ロボットが生まれたときに走って
いるように、とてもと~い先の話だと
思っていませんでしたか?

我ら人類はついにそのテクノロジーを
生み出しつつあります。
世界中で研究開発が行われており、
その技術は宇宙航空技術の最先端と
言っても過言ではありません。

空飛ぶ車の最新技術と飛行実験、
実用化はいつなのか?
実用化までの問題点など気になる
情報を確認してみました。

スポンサードリンク

空飛ぶ車を開発する企業は?

出典:https://www.bellflight.com/ja-JP

空飛ぶ車は世界中で開発競争が
激化する分野です。
どこが先駆者になり市場を拡大
していくのか注目されています。

また、企業の技術力を示す為にも
いち早く空飛ぶ車を完成させたい
多くの企業が凌ぎを削っています。

そんな中、現在空飛ぶ車の開発で
世界をリードする会社が、アメリカ
の【ベルヘリコプター社】です。

ベルヘリコプター社といえば、
オスプレイや戦闘ヘリコプター
など、ヘリコプターを開発する
世界有数の企業です。

ベルヘリコプターが作るヘリは
日本にも納入されています。

そんな航空技術に優れたベル
ヘリコプター社が最先端技術
開発として取り組んでいるのが
空飛ぶ車です。

ベルヘリコプターが生み出した
空飛ぶ車とはどんなものか調べて
みましょう。

スポンサードリンク

空飛ぶ車の原理は?

空飛ぶ車は空を飛びます。
つまり、飛行機やヘリコプター
同様に、飛行タイプは様々です。

今回、ベルヘリコプターが開発
した空飛ぶ車はドローンの形状
を維持し大きくしたものだと
言われています。

その中には当然運転席や座席、
非常時に備えた遠隔操作機能や
制御装置などが組み込まれて
います。

ドローン型の特徴としては、滑走
距離が不要な点が挙げられます。
空飛ぶ車が動作し始めると、
ドローンのように垂直に上昇する
ように設計されているみたいです。

空飛ぶ車飛行後はプロペラの方向を
変えることによって前進していく
ようです。

着陸時には空飛ぶ車のプロペラ位置と
回転数を制御して垂直着陸するのでは
ないかと言われています。

空飛ぶ車の実用化はいつ?飛行実験は?

空飛ぶ車の飛行実験

空飛ぶ車の飛行実験は既に世界
各国で実施されているようです。
残念ながらベルヘリコプターの
飛行実験動画は無かったです。

※【未来世紀ジパング】の放送
ないようを待ちたいと思います。

代わりに他社のもので飛行実験
動画を公開しているものがあった
為、載せておきます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FpaYoF12Rnk

この動画はボーイング社が開発して
いる空飛ぶ車です。
ボーイング社といえば飛行機が有名
ですが、その飛行技術を応用して
空飛ぶ車の開発に着手しているよう
ですね。

スポンサードリンク

空飛ぶ車の実用化はいつ?

皆さんは空飛ぶ車について遠い
未来の話だと思っていませんか?

『ベルヘリコプター社が世界に
先駆けて開発しているのだから、
日本なんてまだまだ先だよ』
なんて思っていたら大きな間違い
です!!
日本だって空飛ぶ車産業の技術
リーダーとして活躍してます。

空飛ぶ車の実用化はいつなのか?
この疑問に日本では既にこのよう
な発表が行われています。

日本は2019年に飛行実験を目標とし、
2023年には『物の移動』を目的と
した実用化が始まろうとしています。

2020年東京オリンピックでお披露目
されるのではないかとまで言われて
います。

2030年には人をの移動用として実用化
を目指しており、近い未来には車が
空を走る日が見れるかもしれません。

そんな日本の空飛ぶ車産業については
まずはこちらをご覧ください!!
こちらが、日本の厚生労働省が発表
している内容です。

ロードマップでは、事業者に
よる利活用の目標として、
2019年から試験飛行や実証
実験等を行い、2020年代半ば、
特に2023年を目標に事業を
スタートさせ、2030年代から
実用化をさらに拡大させていく
こととしています。

利活用の例として、「物の移動」
「地方での人の移動」「都市で
の人の移動」を挙げており、
他にも「災害対応」「救急」
「娯楽」等に活用されることが
想定されます。

これらの目標を達成するため、
機体の安全性や技能証明の
基準等の制度整備や、安全性・
信頼性を確保し証明する技術や
自動飛行・運航管理・電動推進に
関する技術の開発について、
今後の工程を示しています。

引用:https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181220007/20181220007.html

【事業者による利活用の目標】

【制度や体制の整備】

【機体や技術の開発】

実用化はいつなのか?と考えて
いた時には既に既にここまで
具体的にロードマップが定め
られていたのですね。
2023年にはAmazonの荷物が
空飛ぶ車で運ばれてくる可能性も
夢ではないかもしれませんね!!

空飛ぶ車が抱える実用化の問題点は?

実用化へは空飛ぶ車のテクノロジー
以外に、安全性の確保がとにかく
問題視されるはずです。

飛行機を専門に扱う企業が今まで
培った技術で飛行機を開発しても、
人為的ミスやトラブルで墜落する
ことは少なからずあります。

町や市内で空飛ぶ車を実用化する
為には、絶対に住宅地への墜落は
避ける必要があります。
空飛ぶ車の実用化は、それを裏付
けるだけの技術的根拠や人為的ミス
が無くなる証拠をまとめる事が
何より大切です。

もし間違って住宅地へ落ちたら、
住んでいる人々が助からない
可能性は極めて高いでしょう!!

だからこそ、空飛ぶ車を実用化
する為には99%安全ではダメなの
です。
空飛ぶ車は100%安全が必要。
でなければ民間住宅地付近で
実用化することは難しいでしょう。

車だって同じだと考える人も
いますが、空飛ぶ車といっても、
機体はヘリコプタ程度の大きさが
あり、プロペラの有無、墜落する
速度、頭上という死角から追突
される事を車とは別物です。

この難題を日本がどのように解決
していくのか今後の動向が気になり
ます!!

スポンサードリンク

まとめ

【空飛ぶ車を開発した企業は?】

空飛ぶ車産業は企業の技術力を
示す為にもいち早く空飛ぶ車を
完成させたい企業が凌ぎを削って
います。

そんな中、現在空飛ぶ車の開発で
世界をリードする会社が、アメリカ
の【ベルヘリコプター社】です。

【空飛ぶ車の原理は?】

空飛ぶ車の飛行タイプは様々です。
ベルヘリコプターが開発した空
飛ぶ車はドローンの形状を維持
して大きくしたものだと言われて
います。

ドローン型なので、滑走距離が
不要な点が特徴的です。
空飛ぶ車が動作し始めると、
ドローンのように垂直に上昇する
ように設計されているみたいです。

プロペラの方向を変えることに
よって進む方向を変え、着陸時
には空飛ぶ車のプロペラ位置と
回転数を制御して垂直着陸する
のではないかと言われている。

【空飛ぶ車の実用化はいつ?飛行実験は?】

//空飛ぶ車の飛行実験//

空飛ぶ車の飛行実験は既に世界
各国で実施されている。
ベルヘリコプターの飛行実験
動画は無い。

ボーイング社が開発している
空飛ぶ車の飛行実験動画は公開されて
いる。
※動画は本文で確認してください。

//空飛ぶ車の実用化はいつ?//

日本の厚生労働省が発表して
いる内容では、2019年に飛行
実験を目標とし、2023年には
『物の移動』を目的とした
実用化、2030年には人の移動を
目的とした実用化が始まろうと
しています。

【空飛ぶ車が抱える実用化の問題点は?】

実用化へはとにかく安全性の確保が
問題視される。

町や市内で空飛ぶ車を実用化する
為には、絶対に住宅地への墜落は
避ける必要があります。
空飛ぶ車の実用化は、それを裏付
けるだけの技術的根拠や人為的ミス
が無くなる証拠をまとめる事が
何より大切です。

空飛ぶ車を実用化する為には99%
安全ではダメなのです。
空飛ぶ車は100%安全でなければ
民間住宅地付近で実用化することは
難しいでしょう。

車だって同じだと考える人も
いますが、空飛ぶ車といっても、
機体はヘリコプタ程度の大きさが
あり、プロペラの有無、墜落する
速度、頭上という死角から追突
される事を車とは別物です。

【HIHIの感想】

空飛ぶ車の実用化が進んでいる
とは本当に夢のような話です。
ベルヘリコプターが開発して
いる空飛ぶ車も本当にかっこ
いいです。

こんな空飛ぶ車が空を走って
いることを想像すると、まるで
ドラえもんの21世紀のように
かんじます!!

実用化は非常に楽しみですが、
とにかく安全性の確保やルール
整備など、課題は沢山ある為、
今後の動向を注目したいと思い
ました。

みなさんも、空飛ぶ車が実用化
に向けて正しい方向に進むように
開発を応援しましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする