カタール代表が強い理由!!

みなさんこんばんは。

サッカーのアジアカップでカタールが初優勝しましたね。

日本負けてしました。

日本はとても強かったのですが、やはりカタールが強かったです。

ではなぜ、カタールが強いのか分かりますか?

ここには国をあげたプロジェクトがあるのです。

日本代表の多くの選手は海外でプレーしています。

結果、各国からこの大会の為に招集されます。

日程的にも厳しい戦いでしたし、なかなか代表として練習する時間が取れないことが大きな問題です。

しかし、カタールは違います。カタールの代表選手はほとんどが国内でプレーしています。

結果的に代表としての練習時間が取れることやコンディション維持がやりやすかったはずです。

ではなぜカタールの選手は国外に出ないのでしょうか??

それは、2022年にカタールワールドカップがある為、代表を強くするための国をあげたプロジェクトになっています。

スポンサードリンク

高額移籍金での海外選手獲得

近年、日本にもフェルナンドトーレスやイニエスタなどピークを過ぎたスター選手に高額な金額を提示してJリーグのレベル底上げを狙っていますが、近年ではこの活動がカタールの方が早かったと思われます。

優秀な外国選手を高額で移籍させてきて国内のレベルを上げることに注力していたことによってカタール内のサッカーレベルを向上させました。

実は日本はもともとこの政策を作りレベルをあげてきました。ジーコやストイコビッチ、ブッフバルトなどJリーグ当初に数多くの外国選手を招き入れレベルアップを図ったのです。

1つだけ異なる点は、カタールはピークを過ぎていない外国人選手を招き入れるケースが多く、そこら辺がサッカー強化の速度を速めた気がしています!!

サッカー競合国と言われる国の多くは、国内リーグのサッカーレベルが高い事は言うまでもありません。

きっとカタールは自国開催のワールドカップまでにこの環境を作り出そうとしたのだと思います。Jリーグ今一度見習うべき部分だと思います!!

高額年俸制

これは潤沢な資金力のあるカタールが選手に対して潤沢な資金を払えた事が大きいです。

例えばブラジルの選手は家族をブラジルに残して高額な年俸をもらうためにヨーロッパへ移籍しますが、カタールは国内で高額な年俸をもらえるシステムを作り上げ、国内レベルを下げないようにしました。

これによって選手は家族と過ごすことが出来るだけでなく、給与面でもよい環境が整ったのです。

外国人選手帰化

外国選手を帰化させたことでカタール代表レベルを引き上げました。

現在代表で活躍している選手たちはこのレベルを基準にサッカーをしてきた為、現在その成果が実力となって出ていると考えられます。

現在でも帰化選手がいるはずで、外からの力を融合させて国の強化を図ってきました!!

スポンサードリンク

アスパイア・アカデミーの設立

サッカーアカデミーです。2004年に設立し、今年で15年が経ちました。

このアカデミーから今の代表選手は23人中8人。

このようにサッカーの強化に投資してきた結果が、今アジアカップ初制覇という形で報われています。

プロになる為のサッカー教育と潤沢な給与によって国外への流出を止め、結果国のレベルを上げたとすれば、この育成制度は成功といえるでしょう!

今後アジアを代表するチームがカタールにならないように日本も頑張らなくてはなりません!!

サッカー記事に興味がある方は下記もお勧めです

【堂安律はプレミアリーグへ移籍して活躍できるか検討してみた!<情熱大陸>】

https://hi1987.net/2019/02/17/doan_premia/doan_premia-3276

まとめ

  • カタールは国をあげてサッカー強化に取り組んできた。
  • カタールは近年高額移籍金で海外選手獲得し国内サッカーレベルを上げてきた
  • カタールは高額な年俸制で選手の海外流出を防ぎ、国内レベルの強化に努めた
  • 一部の外国選手を帰化させて代表に優秀な選手を引き入れてレベルアップした
  • アスパイア・アカデミーの設立が実を結び若手のカタール選手が世界レベルへと成長した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告1




広告1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする