Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

<情熱大陸>脳外科のクリッピング手技と加藤庸子医師の凄さとは!




みなさんこんにちは。

1月20日に【情熱大陸 加藤庸子/通称・ゴッドマザー!脳神経外科の凄腕女医…驚異の手術現場】が放送されます!!

今日は情熱大陸で紹介される脳外科で用いられるクリッピング術とその権威である加藤庸子医師について調べました。

加藤庸子医師とはどのような方なのか?

脳外科ってどんなのだっけ?

クリッピング術とはいったいどんな手法なのか?

先生の手術はどこで受けられるのか?

加藤庸子医師と素晴らしい医療技術についてみなさんも確認してみましょう。

スポンサードリンク

加藤庸子先生:プロフィール

情熱大陸で紹介された加藤庸子医師のプロフィールをまとめました。


出展:https://medical.jiji.com/doctor/2468

  • 名前:加藤庸子(かとうようこ)
  • 病院:藤田保険衛生大学 坂文種報徳曾病院
  • 専門:脳神経外科
  • 得意分野:
    ① くも膜下出血(最も得意とする分野) ⇒ 破裂脳動脈瘤と脳静脈奇形
    ② 脳血管障害
    ③ 脳卒中
  • 出身:愛知県
  • 年齢:66歳(1956年生まれ)

加藤庸子医師は脳神経外科の分野で日本人初の女性教授となりました。

その後も、日本では初となる日本脳神経学会の女性理事に選任され多くの最新医療に携わってきました。

加藤庸子医師の貢献は手技だけではなく、女性医師が結婚や出産をしても働ける環境作りでも功績をあげられています。

66歳となった現在でも週3回以上手術に携わっており、女性脳外科医として世界最高数の3000名を経験した加藤庸子医師に手術を受けたいと多くの人が遠方から先生のもとへ訪れます。

加藤庸子先生の得意分野【くも膜下出血】とは?

情熱大陸で放送された脳外科のクリッピング術は、くも膜下出血を未然に防ぐ手技の1つですが、そもそも『くも膜下出血』とはどのような状態なのかおさらいしましょう!!

『くも膜下出血』とは
⇒ 脳内にできた血管のふくらみが突然破裂することで起こります。

どれほど怖い病気なのかというと……このように言われています。

クモ膜下出血では30%の人は治療により後遺症なく社会復帰しますが,約50%は初回の出血で病院にきても治療対象とならず、残り20%では後遺障害を残します(発症してからの意識の状態が予後に関連します)。

出展:http://www.akita-noken.jp/pc/patient/disease/section3/id45.php

つまり、くも膜下出血が発症すると50%の人は助からないと言われいます。50%って凄い高い割合ですよね。2人に1人は亡くなる計算になります。

また助かった人でも、後遺症が残ることもあり、とても恐ろしい病気だと言われています!!

以前大学病院の先生にお話しを伺った時、動脈瘤(血管の塊やふくらみ)で一番怖い事は、動脈瘤が出来た自覚症状が出にくいこと』と聞いたことがあります。

突然破裂したとたん上記に記載されている確率で生存が決まるのだとか。

ではくも膜下出血が発生すると人の脳はどの様になるのでしょうか?

グロテスクな画像が苦手な人もいますが大切なことなので確認してみましょう。

スポンサードリンク

くも膜下出血の脳内と症状

まず、くも膜下出血が発生する前のふくらみと、発生した際の脳の表面がどの様になっているかご確認頂ければと思います。


出展:http://www.akita-noken.jp/pc/patient/disease/section3/id45.php

左側が正常な脳ですが、右側は破裂して血液が充満しています。血液が充満するとその血液が脳内を圧迫して突然激しい頭痛や嘔吐、気を失う事などが症状として現れます。

脳はとてもシビアな組織で、このように内部で出血すると血液の圧がかかり続け、脳にダメージが残り、手足や言語に障害が残る可能性があります。

このような状況を避ける為に以下2つが非常に重要とされています。

  1. 破裂する前にいかに早く動脈瘤をみつけるか
    ☞ 大学病院の先生に伺ったところ、とにかく検査を定期的に行うことが重要。
    CT、MRI、3DCT血管撮影(3DCTA)、カテーテルなど
    ※動脈瘤を持つ家系の場合は
  2. 破裂後いかに早く手術するか
    ☞ 
    何か異変を感じたらすぐ救急車を呼ぶことが大切。
    良くあるのが我慢してしまう人。これは一番リスクが高いと思います。
    1秒でも早く手術が必要なこともあるので、すぐ救急車を呼ぶ事大切です!!

くも膜下出血を未然に防ぐクリッピング術

情熱大陸で紹介される加藤庸子医師の専門分野である脳外科で用いられるクリッピング術とはどのようなものなのでしょうか??

クリッピングとは、動脈瘤に血液が入り込まない様にクリップしてしまう手技で下記の図のようなイメージです!!

加藤庸子医師はこのクリッピング術の第一人者です!!


出展:http://sk-kumamoto.jp/expert_blog/2014/06/post-6.html

瘤に入り込む血液の流れを止めることで、破裂を未然に防ぎます。

え?それだけ?と思う方もいるかもしれませんが、大変難しい手技だと思います。

くも膜下出血についてや、加藤庸子医師の改革について知りたいかたは次ページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする