スポンサーリンク

大久保芙有花 (高校生企業家)が開発したマヨネーズとその年収は?

みなさんこんにちは。12月23日に【14歳からのスタートアップ!Young CEOの魔法の杖】が放送されます。

 

なんと高校生で企業した若きCEOの特集です。高校生で企業って凄いですね。勇気と行動力を感じます。

私が高校生の時は部活に明け暮れて、友達とワイワイバカやっていましたが、世の中には立派に社会貢献している高校生がいるのですね。

 

社会人になり世の中で働いてみて初めて、この子達の凄さを実感しますね。

今日はそんな若きCEOについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

女子高生CEO:大久保芙有花さんプロフィール


出展:https://poke-m.com/producers/7797

名前:大久保芙有花
年齢:18歳
出身:茨城県
高校:県立石岡一高

大久保芙有花さんは茨城県に住むちょっと普通じゃない高校生です!!

普通じゃない?失礼だよ~~なんて言わないでくださいね。だってこの方、高校生にして既に社長なんです。

 

全然普通じゃないでしょ!?w

 

大久保芙有花さんは骨鶏卵マヨネーズ】という新しいマヨネーズなどを生み出した方なのです。

安心して健康な食事を家族へ提供したい思いから、この若さにして茨城農女ファームを立ち上げ、健康を意識したマヨネーズ開発。

 

これがなんと、生産して3ヶ月で『フード・アクションん・ニッポンアワード・2016・究極の一品100選』を受賞しました。

 

この賞は大手百貨店、流通関係者や外食事業者等が審査委員のコンテストで、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品を発掘することを目的とし、その商品を消費者に届けていこうという取り組みです。

 

つまり、大久保芙有花さんが開発したマヨネーズは生産3ヶ月で世の中の消費者へ届けたいと思われた素晴らしい製品だったのです!!

 

高校生が家族の健康を願って作ったものが世の中に出て多くの人々の健康維持に役立つなんてすごいですよね。今度一度食べてみてください(^^)/

烏骨鶏の新しい商品の数々

大久保芙有花さんが開発してきた書品ってどんなものなのでしょうか??

秘密は写真の養鶏と繋がってきます!!

 

スポンサードリンク

 

骨鶏卵マヨネーズ


出展:http://ibaraki-agricultur.wixsite.com/mysite

血管病のリスクは善玉コレステロールが少ない事で高まるそうです。大久保芙有花さんの家系はまさに、血管病のリスクが大きく、家族の健康を考えた大久保芙有花さんの優しさからこのビジネスは生まれました!!

大久保芙有花さんが着目したのは実家で養鶏していた鳥骨鶏の栄養素。烏骨鶏の卵は栄養素が非常に高く、血中の悪玉コレステロールを抑える事が出来るそうです。

だいぶ繋がってきましたね。そうです、この高栄養素の卵をマヨネーズにして販売したものが『烏骨鶏マヨネーズ』と呼ばれる大久保芙有花さんが開発した商品なのです。

現在、養鶏では生産性を高める為、放し飼いにする事は珍しいようです。しかし、放し飼いの養鶏ではストレスが少なくご飯も沢山食べる為、生産性と引き換えに栄養素の高い卵を産んでもらえるようです。

つまり、大久保芙有花さんは生産性の代わりに製品のクオリティーを高める事に着目したようです。

大久保芙有花さんの紹介の中で、彼女の言葉で着眼点素晴らしいなと思ったことがあります。それが下記になります。

『安心や安全を考えて、有機栽培や無農薬を意識する人は多いのに、卵の生産方法を気にする人は少ない』

引用:https://poke-m.com/producers/7797

確かに、健康を意識している人は有機野菜や無農薬という言葉を意識するが、他の食べ物がどの様に生産されているか意識できているのか不思議ですよね。

このような着眼点が生産性が低くてもクオリティーの高い商品を維持することに繋がっていくのでしょう。

こめたまご燻製、烏骨鶏プレミアム燻製卵


こめたまご燻製
出展:http://ibaraki-agricultur.wixsite.com/mysite

烏骨鶏プレミアム燻製卵
出展:http://ibaraki-agricultur.wixsite.com/mysite

飼料米で育てた放し飼いの鶏が生んだ卵で作った燻製です。また、同じように烏骨鶏が生んだ卵を燻製したものが、烏骨鶏プレミアム燻製卵です。

2種類とも殻ごと燻製にするのは珍しく、殻を割ったときの香りも楽しみながら食べたいですね。




烏骨鶏卵、こめたまご

烏骨鶏卵
出展:http://ibaraki-agricultur.wixsite.com/mysite

こめたまご
出展:http://ibaraki-agricultur.wixsite.com/mysite

こちらは生卵ですね。ご飯にのせたら絶対美味しいやつです。烏骨鶏の卵の方が殻の色が薄いんですね。

食べてるものが同じようですが不思議です。毎朝こんな卵でご飯食べれたら、卵かけごはんだけでおかずいりませんねw

 

スポンサードリンク

 

烏骨鶏プレミアムヘルシーアイスクリーム

烏骨鶏プレミアムヘルシーアイスクリーム
出展:http://ibaraki-agricultur.wixsite.com/mysite

『北海道産の新鮮な牛乳』、『日本伝統逸品の和三盆』、『烏骨鶏卵』を組み合わせて生まれた超豪華なアイスクリームです。

食材だけ見るととても濃い味になりそうですが、コクと甘みがありながらもとてもさっぱりとした味のようです。

そして何よりヘルシーなのでアイス食べたい女子に人気出る事間違いなしですね!(^^)!

大久保芙有花さんの気になる年収

養鶏の基本年収は400万~600万と言われています。養鶏に限ったことではないですが、生き物を扱う仕事はそれらを育てる必要がある為出費も多いです。

また、大久保芙有花さんの場合、生産性よりクオリティーを重視している為、出荷数が少ない分価格が高くなるため、付加価値が付きヒットすれば儲けが高くなりますがそこまで爆発的に商品が売れているかは分かりません。

とはいってもTVで特集されるレベルですから、間違いなく人気があるのでしょう。そういった意味では基本年収よりかはやや高めの1000万円弱(700~800万)と考えるのが妥当かもしれませんね!(^^)!

でも、みなさんよ~~~く考えてくださいね。社長といっても彼女まだ高校生ですからね。これだけの額を稼ぐ高校生なんてなかなかお目に掛かれません!!

まとめ

みなさんいかがでしたか?凄い女子高生ですね。別ね親が有名だったわけでもないのに、彼女の『家族を健康にしたい』という気持ちがこのビジネスを生んだんです。

是非これからも素晴らしいビジネスを展開してほしいですね。

  • 大久保芙有花さん:高校生で企業した若きCEOの特集
  • 大久保芙有花:茨城農女ファームを設立
  • 大久保芙有花さんが開発したマヨネーズは生産3ヶ月で世の中の消費者へ届けたいと思われた素晴らしい製品と賞された
  • 烏骨鶏を使った商品を展開
    ・烏骨鶏マヨネーズ
    ・こめたまご燻製
    ・烏骨鶏プレミアム燻製卵
    ・烏骨鶏卵
    ・こめたまご
    ・烏骨鶏プレミアムヘルシーアイスクリーム
  • 年収:正式な記載無し。一般養鶏が500万前後でありテレビ特集が組まれるほどの養鶏経営を考えると少し高めの700~800万の年収と予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hide.iをフォローする
Kokorone Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました