宮城の郷土料理:秋の味覚『はらこ飯』を食べられる名店




みなさんこんにちは。10月26日に『たけしのニッポンのミカタ!【食欲の秋・密着!秋の味覚の舞台ウラ】』が放送されます。

今回は秋の味覚のはらこ飯について都内で食すことが出来る名店はどこか確認してみましょう。

スポンサードリンク

はらこ飯とは

はらこ飯は鮭といくらの炊き込みご飯です。

宮城県の郷土料理で鮭と醤油やみりんで味付けした炊き込みご飯に、イクラをぶっかけたご飯をはらこ飯と言います。

白米の上に鮭とイクラを載せるだけではイクラ丼になる為、はらこ飯は炊き込みご飯であることがポイントです。

また、はらこ飯は文字通り鮭とお腹の子イクラを掛け合わせて『はらこ飯』と名付けられたと言われています!!

つみき神楽坂

神楽坂にある名店です。南魚沼産で特別生産のお米を使用しています。

塩引き鮭を使用し、イクラは醤油漬けして最後にドバっとかけています。

鰹と昆布の出汁や醤油で南魚沼産の米を炊き込むことで香ばしい香りと、鮭の香りが食欲をそそりますね。

是非一度ご賞味あれ!!

スポンサードリンク

竹仙 はらこ飯

大きめのサーモンをご飯と一緒に炊き込みせいろに盛り付けられ出てきます。

ご飯の上に湯引きしたサーモンとイクラをのせ、柚子、三つ葉を添えて提供されます。

竹仙さんでははらこ飯を食べる為には事前予約が必要ですので、訪れる際は、必ず予約を忘れないように注意してください!!

混ぜご飯では混ぜ方も特徴が出ますよね。私は少し大きめに鮭を残した状態で食べたいですね。もちろんフレーク状が好きな人はしっかりと混ぜてもいいですね!(^^)!

まとめ

  • はらこ飯は鮭とイクラの混ぜご飯。宮城県の郷土料理である。
  • はらこ飯の東京の名店は、神楽坂のつみき店と竹仙さんです。竹仙さんのはらこ飯は予約必須。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする